PR

 MS-IME/MS-IME 2007ともに全角で「http:」と入力すると、最後の「:」を入力したタイミングで半角の「http:」になると同時に、半角英数文字を入力するモードに切り替わる。そして、URLを入力し終わって[Enter]キーで確定すると、再びひらがなを入力するモードに復帰する。

 初期設定でMS-IME/MS-IME 2007がこのような動作をするのは、WebページのURLがほぼ半角と決まっているからだ(注)。一連の動きをMS-IME 2007を例に示すと、次のようになる(MS-IMEも共通)。

(注)日本語など2バイト文字で指定できるURLもあるので、すべてが半角とは限らない(例:http://日本語.jp/)。

MS-IME 2007はローマ字入力でひらがなを入力できる状態になっている。
MS-IME 2007はローマ字入力でひらがなを入力できる状態になっている。
[画像のクリックで拡大表示]

「http」と入力すると、そのまま全角で入力される。
「http」と入力すると、そのまま全角で入力される。
[画像のクリックで拡大表示]

「:」を入力したタイミングで「http:」の文字列全体が半角に変換される。同時に、MS-IME 2007も半角英数文字を入力するモードに切り替わる。
「:」を入力したタイミングで「http:」の文字列全体が半角に変換される。同時に、MS-IME 2007も半角英数文字を入力するモードに切り替わる。
[画像のクリックで拡大表示]

続けて「//pc.nikkeibp.co.jp/」と入力する。半角英数文字を入力するモードなので、文字はすべて半角になっている。
続けて「//pc.nikkeibp.co.jp/」と入力する。半角英数文字を入力するモードなので、文字はすべて半角になっている。
[画像のクリックで拡大表示]

[Enter]キーで「http://pc.nikkeibp.co.jp/」全体を確定する。すると、MS-IME 2007の入力モードが、再びひらがなを入力するモードに戻る。
[Enter]キーで「http://pc.nikkeibp.co.jp/」全体を確定する。すると、MS-IME 2007の入力モードが、再びひらがなを入力するモードに戻る。
[画像のクリックで拡大表示]

続けて「です。」と入力する。
続けて「です。」と入力する。
[画像のクリックで拡大表示]

[Enter]キーを押して「です。」を確定する。
[Enter]キーを押して「です。」を確定する。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、MS-IME/MS-IME 2007の初期設定では、次の7つの文字が「http:」とまったく同じように扱われる。カスタマイズして新たな文字列を追加したり、動作を変更したりすることもできるが、とりあえず、次の7つの文字列を入力する際には、上記のような動きをすることを覚えておこう。

//www.
file:
ftp:
http:
mailto:
news:
www.