PR

 意外と知られていないキー操作に[Ctrl]+[BackSpace]キーがある。これは、確定直後の文字を未確定状態に戻すキー操作だ。ただし、有効なのは確定直後に限られる。確定したあとでカーソルを動かしたり、別の文字を入力したりすると無効になるので注意したい。

 間違った候補を選択・確定した場合はもちろんだが、漢字に変換・確定した文字をひらがなやカタカナに戻したいときも使える操作なので、覚えておくと便利だろう。MS-IME/MS-IME 2007ともに、初期設定で有効である。

 以下に、MS-IME 2007を例に、「井上不動産」→「井之上不動産」に修正する操作を示そう。

読みを入力する。ローマ字入力でもかな入力でもかまわない
読みを入力する。ローマ字入力でもかな入力でもかまわない

[スペース]キーで変換する
[スペース]キーで変換する

[Enter]キーで確定する。ここで、誤った候補を確定したことに気づいた!
[Enter]キーで確定する。ここで、誤った候補を確定したことに気づいた!

すぐに[Ctrl]+[BackSpace]キーを押す。すると、確定した文字が未確定状態に戻る
すぐに[Ctrl]+[BackSpace]キーを押す。すると、確定した文字が未確定状態に戻る

スペースキーで変換すると候補が表示されるので、正しい候補を選択して[Enter]キーを押す
スペースキーで変換すると候補が表示されるので、正しい候補を選択して[Enter]キーを押す

選択した候補が確定された
選択した候補が確定された