PR

 MS-IME/MS-IME 2007ともに、入力済みの文字列を再変換することができる。文書の誤植や変換ミスを気付いたときは、この機能を使って修正すると簡単だ。ここでは、MS-IME 2007での操作を紹介しよう。

「この取引を紹介してほしい」という文章が入力されている。「紹介」を選択する。選択は、キーボード操作でもマウス操作でもかまわない
「この取引を紹介してほしい」という文章が入力されている。「紹介」を選択する。選択は、キーボード操作でもマウス操作でもかまわない

[変換]キーを押す。すると、選択した文字が変換されて候補が表示されるので、正しい候補を選択して[Enter]キーを押す
[変換]キーを押す。すると、選択した文字が変換されて候補が表示されるので、正しい候補を選択して[Enter]キーを押す
[画像のクリックで拡大表示]

文字列が確定した
文字列が確定した

 また、Word 2003/2007では、文字列を選択して右クリックすると、ショートカットメニュー中に変換候補が表示され、選択すれば文字が置き換わる。ちょっとした修正をしたいときは便利だろう。

Word 2003/2007では、文字列を選択して右クリックすると、メニューから候補を選ぶことができる(画面はWord 2007)
Word 2003/2007では、文字列を選択して右クリックすると、メニューから候補を選ぶことができる(画面はWord 2007)
[画像のクリックで拡大表示]

 この再変換機能は、アプリケーションの機能の一部に依存している。このため、MS-IME/MS-IME 2007と組み合わせるアプリケーションによっては、再変換できない場合もあるので注意したい。ざっと確認した範囲では、Word、Excel、PowerPoint、メモ帳、ワードパッドなどは対応しているようだ。