PR

 Word 2008 for Macの連番機能は、なかなか柔軟だ。離れた段落に続き番号を振ることもできるので、手順の間に小見出しを挟むことも可能。番号を前の連番から引き継ぐか、新しく振り直すかは「オートコレクトのオプション」ボタンで指定できる。ここでは、続きの番号を振る操作を紹介しよう。

図1 連番を設定する段落を選択し、「段落番号」ボタンをクリックする。段落の先頭に連番が振られた。番号は1から振り直されている
図1 連番を設定する段落を選択し、「段落番号」ボタンをクリックする。段落の先頭に連番が振られた。番号は1から振り直されている
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックし、「自動的に番号を振る」を選択する
図2 「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックし、「自動的に番号を振る」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

図3 番号が前の続き「(4)」から振り直された
図3 番号が前の続き「(4)」から振り直された
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「オートコレクトのオプション」ボタンから「番号を振り直す」を選択すると、番号は「(1)」から振り直される
図4 「オートコレクトのオプション」ボタンから「番号を振り直す」を選択すると、番号は「(1)」から振り直される
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、この例では「下ごしらえ」と「調理と仕上げ」の内容を同時に選択し、一度に段落番号を設定することもできる。その場合は、初めから続きの番号が正しく振られる。

図5 番号を設定する段落をすべて選択して「段落番号」ボタンをクリックする。離れた段落を同時に選択するときは、[コマンド]キーを押しながらドラッグする
図5 番号を設定する段落をすべて選択して「段落番号」ボタンをクリックする。離れた段落を同時に選択するときは、[コマンド]キーを押しながらドラッグする
[画像のクリックで拡大表示]

図6 離れた段落にも続きの番号が振られた
図6 離れた段落にも続きの番号が振られた
[画像のクリックで拡大表示]