PR

 前回は「日本語入力を一時的に切り替える」方法を説明したが、今回は、どのアプリケーション上でも常に使用する日本語入力システムを変更する方法を解説する。

 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」をクリックする(図1)。

図1 「コントロールパネル」をクリック
図1 「コントロールパネル」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 表示された画面で、「キーボードまたは入力方法の変更」をクリックする(図2)。

図2 「キーボードまたは入力方法の変更」をクリック
図2 「キーボードまたは入力方法の変更」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 「キーボードと言語」タブをクリックし、「キーボードの変更」ボタンをクリックする(図3)。

図3 「キーボードの変更」ボタンをクリック
図3 「キーボードの変更」ボタンをクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 「全般」タブの「既定の言語」で、常に使いたい日本語入力システムを選択する(図4)。

図4 常に使いたい日本語入力システムを選択
図4 常に使いたい日本語入力システムを選択
[画像のクリックで拡大表示]

図5 「OK」をクリック
図5 「OK」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 これで、常に使いたい日本語入力システムが変更できた。すでに起動しているアプリケーション上で変更されていない場合は、一度終了して起動すると変更されているはずだ。

 言語バーを右クリックして「設定」を選択すると、図4の画面を表示することができるので、こちらも併せて覚えておくと便利だ。

 また、[Ctrl]+[Shift]キーを押すと、通常使用する日本語入力が順番に切り替わる。以前、このキー割り付けを無効にする方法を説明したので、無効にしている場合は、同じダイアログで有効にしておく必要がある。