PR

 文書内に図や表を作っていると、文字を回転させたいと思うことがあるはず。テキストボックスやセル内に入力した文字は、簡単に向きを変えることができるので、必要に応じて設定しよう。

 文字の向きを変えるときは、テキストボックスやセルにカーソルを移動して「ページレイアウト」タブの「文字列の方向」ボタンをクリックする。後はメニューから、文字列の向きを選べばよい。ここではテキストボックスの例をひとつ紹介しよう。

図1 横書きのテキストボックスに入力した文字列を、右向きや左向きに回転させてみた。このような座席表を作るときに重宝する
図1 横書きのテキストボックスに入力した文字列を、右向きや左向きに回転させてみた。このような座席表を作るときに重宝する
[画像のクリックで拡大表示]

図2 テキストボックスを選択する(またはテキストボックス内にカーソルを移動する)。「ページレイアウト」タブを開いて「文字列の方向」ボタンをクリックし、文字列の向きを選ぶ。向きは5種類から選択できる。ここでは「左へ90度回転」を選んだ
図2 テキストボックスを選択する(またはテキストボックス内にカーソルを移動する)。「ページレイアウト」タブを開いて「文字列の方向」ボタンをクリックし、文字列の向きを選ぶ。向きは5種類から選択できる。ここでは「左へ90度回転」を選んだ
[画像のクリックで拡大表示]

図3 テキストボックス内の文字方向が変わった
図3 テキストボックス内の文字方向が変わった
[画像のクリックで拡大表示]