PR

【Office 2010共通】

 文書を上書きしてしまい、前の状態に戻せなくなるのはよくあること。Office 2010なら、こんなミスも一瞬で解決できる。「ファイル」→「情報」とクリックし、「バージョン」に表示された日時をクリックすれば、文書の内容を以前に自動保存された内容に戻せるのだ。さらに「比較」をクリックすると最新バージョンとの違いを見比べられるので、どちらを残すべきかをひと目で見分けられる。自動保存のタイミングは、「ファイル」→「オプション」→「保存」とクリックし、「次の間隔で自動回復用データを保存する」にチェックを入れれば、分単位で間隔を設定可能。

「ファイル」→「情報」とクリック。「バージョン」に自動保存された日時が表示されているので、戻したいタイミングの時間をクリック。
「ファイル」→「情報」とクリック。「バージョン」に自動保存された日時が表示されているので、戻したいタイミングの時間をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

文書が前の状態に戻るので、このまま保存する。現在編集中の文書とどこが変わっているのかを調べるには「比較」をクリック。
文書が前の状態に戻るので、このまま保存する。現在編集中の文書とどこが変わっているのかを調べるには「比較」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

指定したバージョンと最新のバージョンが1つの画面に表示され、異なる部分を確認できる。
指定したバージョンと最新のバージョンが1つの画面に表示され、異なる部分を確認できる。
[画像のクリックで拡大表示]