PR

 BitLocker to Goで暗号化したUSBメモリーは、暗号化そのものを解除することもできる。Windows Vista/XPだと読み込み専用になってしまうので、暗号化が必要なければ解除して利用した方が使い勝手はよいだろう。

 なお、BitLocker to Goによる暗号化を解除できるのも、UltimateとEnterpriseのみとなる。

コントロールパネルを起動したら、「システムとセキュリティ」をクリックする
コントロールパネルを起動したら、「システムとセキュリティ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「BitLockerドライブ暗号化」をクリックする
「BitLockerドライブ暗号化」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

暗号化しているUSBメモリーの「BitLockerを無効にする」をクリックする
暗号化しているUSBメモリーの「BitLockerを無効にする」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

確認のメッセージが表示されたら「ドライブの暗号化解除」ボタンをクリックする
確認のメッセージが表示されたら「ドライブの暗号化解除」ボタンをクリックする

暗号化解除の処理がスタートする
暗号化解除の処理がスタートする

作業が完了したら「閉じる」ボタンをクリックする
作業が完了したら「閉じる」ボタンをクリックする

暗号化が解除されて、ドライブのアイコンからカギのマークが消えた
暗号化が解除されて、ドライブのアイコンからカギのマークが消えた
[画像のクリックで拡大表示]

XPでは……

 Windows XPにはBitLockerによる暗号化機能は用意されていない。