PR

Serial ATA 6Gbpsが使える環境が整ってきたことで、Serial ATA 6Gbps対応の高速SSDを導入するユーザーが増えてきた。1台でも十分快適だが、8台でRAID0を組んだらどれほど速くなるだろうか。費用を度外視して作成してみた。*パーツは全て、「ドスパラ パーツ館」で選んだ。価格は2011年6月下旬時点での店頭価格。

マザーボードには、ボード上のUSB 3.0端子を前面の3.5インチベイに引き出すアクセサリーが付属する。それを使ってUSB 3.0を前面から使えるようにしている。内部のケーブルが多くなるので、結束バンドなどを使って整理しよう。
マザーボードには、ボード上のUSB 3.0端子を前面の3.5インチベイに引き出すアクセサリーが付属する。それを使ってUSB 3.0を前面から使えるようにしている。内部のケーブルが多くなるので、結束バンドなどを使って整理しよう。
[画像のクリックで拡大表示]
注目1

順次読み出しの速度が400MB/秒以上、同じく書き込みが200MB/秒以上という高性能なモデルが珍しくないSerial ATA 6Gbps対応SSD。8台分を組み合わせたRAID0環境だと、一体どれくらいまで速くなるのか。単純な掛け算(順次読み出しで3.2GB/秒以上)にはならないだろうが、性能への期待は大きい。

注目2

6Gbps対応Serial ATAポートを8個利用できるチップセットは無いので、ハードウエアRAIDボードが必要になる。今回使用したのはSAS対応のRAIDボードだが、SASとSATAには互換性があるので、Serial ATA 6Gbps対応SSDを接続してRAID0環境を構築できる。

注目3

8台のSSDを搭載するには、PCケースの選択にも注意が必要だ。今回は2.5インチドライブ2台を、3.5インチベイ1個に装着できるマウンターを利用。4個の内部3.5インチベイに8台のSSDを取り付けた。

出始めの頃に比べれば安くなったが、SSDはまだまだ高価。8台分そろえると、それだけで16万円台半ばだ。Serial ATA 6Gbps対応RAIDボードも安くないので、必然的にコストは上がる。
出始めの頃に比べれば安くなったが、SSDはまだまだ高価。8台分そろえると、それだけで16万円台半ばだ。Serial ATA 6Gbps対応RAIDボードも安くないので、必然的にコストは上がる。

自作のポイント

8台のSSDを使って超高速ドライブを作る

 順次読み出しが500MB/秒を超える性能のモデルも登場しているSerial ATA 6Gbps対応SSD。一度使ったらもうHDDには戻れない、という人も多い。であれば、そうした高速SSDを複数台組み合わせてRAIDを組めば、究極ともいえる超高速ドライブ搭載PCが作れるのではないか。そう考えて、今回は、合計8台ものSerial ATA 6Gbps対応SSDを集め、RAID0を構築し、その使用感や転送速度を検証した。RAID0は、保存するデータを細かく分けて複数台のストレージに保存する。読み書き時に複数のストレージに同時アクセスすることで、性能を大きく向上させる技術だ。理論上は接続するストレージの台数が増えれば増えるほど、性能が上がるはずだ。

 RAID0では、接続した台数分の容量をそのまま利用できる。今回は128GBを8台組み合わせたので合計で1TB。SSDだが地デジ番組をためられるくらいの大容量だ。ただし、RAID0は1個のSSDが壊れただけで、全てのデータが読み出せなくなる。バックアップも重要だ。

 2.5インチドライブを8台搭載できるPCケースは少ない。今回は、2台のSSDを1個の3.5インチベイに取り付けられるマウンターを使って、SSDを実装した。3.5インチベイが4個あればよいので、PCケースの選択肢も少なくならない。

8台分のSSDを並べた。筆者はずいぶん長く自作PCに関する仕事をしているが、ここまで豪華な構成でテストする機会はめったに無い。SSDを集めるのにも苦労した。
8台分のSSDを並べた。筆者はずいぶん長く自作PCに関する仕事をしているが、ここまで豪華な構成でテストする機会はめったに無い。SSDを集めるのにも苦労した。
[画像のクリックで拡大表示]
■SSD 2万470円
Crucial m4 SSD
Lexar Media (問)エスティトレード
容量:128GB、インターフェース:Serial ATA 6Gbps、サイズ:2.5インチ
今回は6台の「Crucial m4 SSD 128GB」と、同じ仕様の「CSSD-S6M128NM4Q」(CFD販売)を2台組み合わせて、合計8台でRAID環境を作った。
今回は6台の「Crucial m4 SSD 128GB」と、同じ仕様の「CSSD-S6M128NM4Q」(CFD販売)を2台組み合わせて、合計8台でRAID環境を作った。
[画像のクリックで拡大表示]
2.5インチサイズのSSD8台をそのまま装着できるケースは少ないので、4個のマウンターを利用して3.5インチ内部ベイに装着した。使用したのは「HDM-06A」(アイネックス)。2台のSSDを1個の3.5インチベイに固定できる。実勢価格は1個990円。
2.5インチサイズのSSD8台をそのまま装着できるケースは少ないので、4個のマウンターを利用して3.5インチ内部ベイに装着した。使用したのは「HDM-06A」(アイネックス)。2台のSSDを1個の3.5インチベイに固定できる。実勢価格は1個990円。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い