PR

 トリミングやレタッチなど、写真画像をパソコンで加工するのは日常茶飯事だが、同様の作業はスマートフォンだけで完結する。撮った写真をそのまま加工できるからだ。パソコンと違って、外部から写真データを取り込む手間は不要だ。

 スマートフォンで撮った写真をメール送信したりSNS投稿したりする場合も、事前にひと手間かけるだけで、見栄えの良い写真や楽しい写真として知人と共有できる。

標準アプリで加工する

 標準の「カメラ」アプリもそうだが、「ギャラリー」「写真」など標準のアルバムアプリも、一通りの使い方ができる。基本的な修整や加工ならこれだけでも十分だろう。

 Androidの「ギャラリー」では、写真を表示して、左下の鉛筆アイコンをタップする(図1)。編集モードに切り替わり、画面下に「フィルター」「フレーム」「修整」「色調整」という大項目が並ぶ。まずはここを選び、次に小項目を選ぶ(図2)。編集を終え、「保存」ボタンで保存すると、元写真とは別のファイルとして、保存される(図3)。「フィルター」などはサムネイルとプレビューで効果を確かめながら選べる(図4)。

●標準のアルバムアプリで修整や加工も可能
図1 Androidの「ギャラリー」で写真を表示させ、通知バーなどが表示されたとき現れる鉛筆アイコンをタップする
図1 Androidの「ギャラリー」で写真を表示させ、通知バーなどが表示されたとき現れる鉛筆アイコンをタップする

図2 画面下部にメニューのアイコンが現れる。下段が大項目。ここではトリミングを選んで構図を整える
図2 画面下部にメニューのアイコンが現れる。下段が大項目。ここではトリミングを選んで構図を整える

図3 写真の縁にある白丸をドラッグしてチェックマークをタップすれば完了。最後に左上の「保存」をタップする
図3 写真の縁にある白丸をドラッグしてチェックマークをタップすれば完了。最後に左上の「保存」をタップする

図4 フィルターやフレームなども選べる。画面はフィルター選択の例
図4 フィルターやフレームなども選べる。画面はフィルター選択の例