PR

 「送信」ボタンを押してメールを送信した直後に「ファイルの添付を忘れた」「宛先を間違えた」といったミスに気付いて慌てた経験はないだろうか。こんなトラブルに対処するため、Gmailには裏技的な機能が用意されている。送信直後の30秒以内なら送信を取り消せるという便利機能だ。

 この送信取り消し機能を有効にすると、メール送信直後に表示される「メッセージを送信しました」という一文の隣に「取消」というリンクが追加される(図1)。クリックすると送信がキャンセルされてメール作成画面に戻る。

送信直後なら取り消せる
図1 Gmailにはメール送信後30秒以内なら送信を取り消せる機能がある。これを有効にすると、送信後のメッセージに「取消」が現れる。クリックすると送信を取り消せ、元のメール作成画面に戻る。うっかり宛先を間違えたりファイル添付を忘れたりしたときに便利だ
図1 Gmailにはメール送信後30秒以内なら送信を取り消せる機能がある。これを有効にすると、送信後のメッセージに「取消」が現れる。クリックすると送信を取り消せ、元のメール作成画面に戻る。うっかり宛先を間違えたりファイル添付を忘れたりしたときに便利だ
[画像のクリックで拡大表示]

 送信取り消し機能を有効にするには、Gmailの設定画面を開き、「Labs」タブに切り替える。このタブでは実験的な拡張機能を追加できる。ここに「送信取り消し」があるので、「有効にする」を選択して変更を保存しよう(図2)。これで、メール送信時に「取消」のリンクが表示されるようになる。

30秒以内なら「Labs」の機能で取り消せる
図2 Gmailの右上にある歯車アイコン(設定ボタン)を押して「設定」を選ぶ(1)(2)。設定画面が表示されたら「Labs」タブに切り替える(3)。下にスクロールすると「送信取り消し」があるので、「有効にする」を選択(4)。最後に「変更を保存」ボタンをクリックする(5)。これで設定完了だ。メールを送信すると図1下のように「取消」を選べるようになる
図2 Gmailの右上にある歯車アイコン(設定ボタン)を押して「設定」を選ぶ(1)(2)。設定画面が表示されたら「Labs」タブに切り替える(3)。下にスクロールすると「送信取り消し」があるので、「有効にする」を選択(4)。最後に「変更を保存」ボタンをクリックする(5)。これで設定完了だ。メールを送信すると図1下のように「取消」を選べるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 メールの取り消しは、初期設定で送信後10秒までだが、最大30秒まで延ばせる。設定画面を開いて「全般」タブにを開くと「送信取り消し」の設定が追加されているはずだ。ここで「取り消せる時間」を30秒にすればよい(図3)。

取り消し可能な時間を30秒に延ばす
図3 取り消しが可能な時間を長めに設定することもできる。送信取り消し機能を有効にした状態で設定画面(図2下)の「全般」タブを開くと(1)、「送信取り消し」の設定が追加されている。「取り消せる時間」を「30」秒にすればよい(2)。5、10、20、30秒の4つから選べる。最後に下へスクロールして「変更を保存」ボタンを押す(3)
図3 取り消しが可能な時間を長めに設定することもできる。送信取り消し機能を有効にした状態で設定画面(図2下)の「全般」タブを開くと(1)、「送信取り消し」の設定が追加されている。「取り消せる時間」を「30」秒にすればよい(2)。5、10、20、30秒の4つから選べる。最後に下へスクロールして「変更を保存」ボタンを押す(3)
[画像のクリックで拡大表示]