PR

 撮りためたラーメンの写真を使って、オリジナルのラーメン店マップを作りたい――。Google Mapには「マイマップ」というオリジナル地図を作る機能があるが、店を1件ずつ地図に登録するのは手間だ。そこで、GPS位置情報付きの写真を一気にマイマップに取り込む裏技を紹介しよう(図1)。

マイマップに一括取り込み
図1 GPS位置情報付きの写真をGoogle Mapの「マイマップ」にまとめて貼り付ける裏技を紹介しよう。マイラーメン店マップなどが簡単に作れる。この作業ではGoogleアカウントでのログインが必要
図1 GPS位置情報付きの写真をGoogle Mapの「マイマップ」にまとめて貼り付ける裏技を紹介しよう。マイラーメン店マップなどが簡単に作れる。この作業ではGoogleアカウントでのログインが必要
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、写真をGoogle+にアップする(図2)。そうしたら旧Picasaウェブアルバムにアクセス(図3)。これとGoogle+は連動しており、両方から同じ写真にアクセスが可能。だが通常はPicasaウェブアルバムを開こうとしてもGoogle+に飛ばされてしまうので、図3の裏技URLでアクセスするわけだ。そこから写真の位置情報が入ったKMLファイルをダウンロードする。この機能がGoogle+ではなくなったため、Picasaウェブアルバムを開く必要があるのだ。

PicasaからKMLを書き出して登録
図2 Picasaでフォルダーを選択して「共有」を押す(1)(2)。すると写真がGoogle+にアップロードされる
図2 Picasaでフォルダーを選択して「共有」を押す(1)(2)。すると写真がGoogle+にアップロードされる
[画像のクリックで拡大表示]

図3 上記の<a href=URLで旧Picasaウェブアルバムにアクセス。図2のアルバムを開き、画面右下の「Google Earthで表示」を押す。ダウンロードされたファイルに拡張子がない場合は「.kml」を追加する[注]">
図3 上記のURLで旧Picasaウェブアルバムにアクセス。図2のアルバムを開き、画面右下の「Google Earthで表示」を押す。ダウンロードされたファイルに拡張子がない場合は「.kml」を追加する[注]
[画像のクリックで拡大表示]

[注]Google EarthをインストールしていてIEまたはChromeを使った場合は自動で拡張子「.kml」が付く