PR

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

 Atom搭載ミニノートの新機種。64GBと大容量のSSDを採用しながら、価格を比較的安く抑えたのが特徴。HDD搭載モデルと比べて、バッテリー駆動時間が長い。OSはWindows Vista Home Basic SP1となる。

[画像のクリックで拡大表示]

 1.45kgと軽量で、10.5時間のバッテリー駆動時間を実現した高級モバイルノート。メモリーを3GBに、HDDを250GBに大容量化した。カラーバリエーションは黒、白、ピンクの3色。さらに128GBのSSDを搭載したモデルも用意した。こちらはバッテリー駆動時間が11.5時間と長く、カラーは黒と白の2色。両モデルともに、HDDを外付けするためのeSATAインタフェースを搭載。無線LANはIEEE 802.11b/g/nドラフト2.0に対応する。

[画像のクリックで拡大表示]

 12.1型画面でありながら978gの軽さを実現した、スリムな最高級モバイルノート。春モデルではメモリーを3GBに大容量化した。また、従来製品では液晶画面の輝度が200カンデラ/m2だったが、これを250カンデラ/m2まで高くすることで、外光が強い環境でも画面を見やすくした。

 128GBのSSDを搭載したモデルと、160GBのHDDを搭載したモデルがある。従来はSSD搭載機がかなり高価だったが、今回は最上位のHDD搭載機と比べて1万円高い程度のSSD搭載機がラインアップに加わった。無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n ドラフト2.0に対応する。