PR

 パソコンの販売ランキングで常に上位に登場するのが、NECの「LaVie L LL750」シリーズだ。ところが、最近は他社との値引き競争が激化する傾向が強く、そのためかコストダウンの影響による弱点も目立っていた。

 例えば、昨シーズンの「LaVie L LL750/RG」は、CPUにCore 2 Duo T8100を搭載。東芝の「dynabook TX」や富士通の「FMV-BIBLO NF/B70」などのライバルが、最新のCore 2 Duo P8400を採用したのに対して、「LL750/RG」では一世代前のCPUを搭載する点が見劣りしていた。

 また、下位モデルの「LaVie L LL550/RG」にはあるHDMI端子を採用していなかった。そのため、大画面テレビと接続してパソコンの映像を表示して楽しむことができなかったのも、最新の家庭用ノートパソコンとしてやや寂しかった。

 ところが、今シーズンのフルモデルチェンジによって、こういった弱点のほとんどをカバー。上位機種としての位置付けが、より明確になったのだ。

NECの「LaVie L LL750/SG」。色はスパークリングホワイト。実売価格は約15万円。
NECの「LaVie L LL750/SG」。色はスパークリングホワイト。実売価格は約15万円。
[画像のクリックで拡大表示]

Centrino 2に対応し性能を向上

 CPUは、今シーズンの中堅機種がこぞって採用するCore 2 Duo P8600で、クロック周波数は2.4GHzだ。Centrino 2対応でシステム全体の性能も文句なしだ。

 メモリーは標準で4GB搭載し、従来より高速なDDR3タイプとしている。画像変換などのレスポンスが明確に向上し、写真やビデオを編集して楽しみたいユーザーにはうれしいパフォーマンス向上だ。

 HDDも250GBから320GBへと容量アップしている。特にハイビジョンビデオカメラの映像編集をしたいユーザーには、プラスアルファの余裕になる。

 今シーズンはライバルの中堅モデルも、標準メモリーを4GBとした機種が多く、全体に性能が向上している。その中でも、高速タイプのメモリーを搭載しているのは、ややアドバンテージになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料