PR

 2月1日から、BlackBerryインターネットサービスの料金が1575円(税込み)となり、従来のほぼ半額となりました。また、キャンペーンで2月~4月までは無償となったようです。

 通信料金にも変化がありました。割引パックである「Bizホーダイ ダブル」がBlackBerryの通信にも使えるようになり、上限が5985円となって、使い放題にできるのです。ただし、従来のブラックベリー通信パックは、2月19日で終了することになりました。

 この料金変更で、BlackBerryのランニングコストが下がり、以前よりは活用しやすくなったと思います。

 では、料金を細かく見ていくことにしましょう。BlackBerryを使うには、以下の料金がかかります。

音声通信プラン(FOMAサービス)月額料金

BlackBerryインターネットサービス月額料金

通信料金

 まず、最も安い音声通信プランである「タイプSS」は3780円/月となりますが、これに2年契約となる「ファミ割MAX50」などの割引サービスを併用することで半額の1890円/月になります。これが最低の料金です。なお、現時点ではBlackBerryを使う場合には、ベーシックプランしか選択できません。

 BlackBerryインターネットサービスは、半額になったので、1575円/月となります。

 通信料金は、現時点では、Bizホーダイ ダブル、またはBlackBerry通信パックのどちらかが選択できます。最低の料金は、Bizホーダイ ダブルの1029円で、合計すると4494円が最低の料金になるわけです。

 ポイントとしては、BlackBerry通信パックとBizホーダイ ダブルはどちらが安いのか?ということになりますが、これは、毎月どれぐらい通信をするのかによって違ってきます。比較する前にそれぞれの条件を明確にしておきましょう。

 BlackBerry通信パックは、

月額 1680円
体系 8万パケットまで定額。その後0.0525円/パケット

となっています。これに対してBizホーダイ ダブルは、

月額 1029~5985円
体系 12250パケットまでは1029円
   その後71250パケットまでは0.084円/パケット
   5985円が上限

となっています。つまり、どんなに使っても最大で5985円までしかかかりません。
 この2つを通信料を横軸に、料金を縦軸にして比較しましたです。これを見ると、BlackBerry通信サービスは意外にお得です。

BlackBerryデータ通信パックとBiz・ホーダイ ダブルの比較

 現在、BlackBerryで通信料金部分に5985円以上使っているのであれば、Bizホーダイ ダブルを選択すべきでしょう。ときどきであっても、この金額を超えるようならば、検討の余地があります。

 しかし、グラフを見ると、BlackBerryデータ通信パックの上限である80000パケットは、Bizホーダイ ダブルの上限範囲にあります。このため、現在、BlackBerryデータ通信パックの1680円以内に料金が納まっているようならば、変更するとかえって高くなってしまいます。

 また、1680円を超えてしまうような場合でも、162000パケット以内であれば、BlackBerry通信パックの方が安くなる計算です。

 しかしパケットで考えると、実際の利用の感覚との対応が難しいでしょう。これを1パケット=128バイトで換算すると、BlackBerry通信パックの定額範囲である80000パケットは、約9.8メガバイトに相当します。また、BlackBerry通信パックとBiz・ホーダイ ダブルが同一料金となる162000パケットは、19.8メガバイトです。先ほどのグラフを表にしてメガバイトに換算したものが下の表になります。

パケット量をメガバイト換算して料金を比較

 BlackBerryの場合、メールなどでは通信データ量を減らす工夫がなされていて、表示させた部分のみを通信でやりとりしますが、たとえば、Googleマップなどを使ってしまうと、すぐに数100キロバイト程度の通信が発生してしまいます。使い方によっては、BlackBerryデータ通信パックを併用しても、かなり高額となってしまうことがあります。しかし、Biz・ホーダイ ダブルにしておけば、上限が決まっているので安心です。

 どちらにするかは、悩ましいところですが、現在の使い方を基準に考えるのが現実的です。BlackBerryデータ通信パックを使っていて、通信料金が6000円を超えるようなら迷わずBiz・ホーダイ ダブルですが、そうでないときは、そのままにしておき、今後、6000円を超えるようになるのであれば、切り替えを考えるべきでしょう。

 ただ、BlackBerryデータ通信パックは、2月19日で新規受付が終了してしまうため、元に戻すことはできなくなります。現在、これを使っている人は、節約しつつ、継続するというのも1つの手だと思います。また、現在、BlackBerryデータ通信パックを使っていないなら、新規受付が終了する前に通信パックに申し込んでおくべきでしょう。