PR

 台湾Thermaltake Technologyは、デザインにこだわるユーザー層に向け新ブランド「Luxa2」(ルーサートゥー)を立ち上げ、ノートパソコン用冷却ソリューションやホームシアター向けPCケースなどを展開する。

12~17インチノートパソコンに対応したLuxe2ブランドのクーリングパッド「M1-Pro」
12~17インチノートパソコンに対応したLuxe2ブランドのクーリングパッド「M1-Pro」
[画像のクリックで拡大表示]

 ピーター・パン社長は、「Thermaltakeというと、パワーユーザーやゲーマー向けのブランドというイメージが強い。これまでとは違った市場に参入するため、新ブランドが必要だった」と、Luxa2ブランド誕生の経緯を説明する。

Thermaltakeのマルチブランド戦略について説明するピーター・パン社長(Peter Pan, General Manager)
Thermaltakeのマルチブランド戦略について説明するピーター・パン社長(Peter Pan, General Manager)
[画像のクリックで拡大表示]

 Luxa2ブランドでターゲットとするのは、クリエイターやデザイナーをはじめとするデザインやライフスタイルにこだわりをもったユーザー層。このため、製品開発では「コストよりも、作りのよさを追求した」と、マーケティングを統括するジョセフ・リン氏は言う。

Luxe2ブランドのラインアップについて説明するジョセフ・リン氏(Joseph Lin、Director, Global Strategic Marketing Division)
Luxe2ブランドのラインアップについて説明するジョセフ・リン氏(Joseph Lin、Director, Global Strategic Marketing Division)
[画像のクリックで拡大表示]

 こだわりは、製品を見るとすぐに分かる。ノートパソコン用のクーリングパッド「M1-Pro」は、厚手のアルミ製パッドの背面にヒートパイプを備えた、ノートパソコンの熱を効率よく分散するパッシブソリューションで、17インチ液晶を搭載したノートパソコンもサポートする。その形は、ノートパソコンを載せたままでも持ち運びできるよう工夫してあり、「冷却だけでなくオフィスなどの利用環境も考慮してデザインした」(リン氏)。

 一方、冷却ファンを搭載したモデルでは、折りたたみタイプの「M2」「M3-Air」に加え、円形のデザインを採用した「M4」がある。いずれもファンをUSB給電で駆動させ、専用のキャリングケースも付属する。スワロフスキー製のクリスタルを埋め込んであるのも特徴だ。

スワロフスキークリスタルを埋め込んだノートパソコン向け冷却製品
スワロフスキークリスタルを埋め込んだノートパソコン向け冷却製品
[画像のクリックで拡大表示]

ファン搭載のノートパソコン冷却ソリューション、M4(写真左端)、M2(中央)、M3-Air(写真右端)
ファン搭載のノートパソコン冷却ソリューション、M4(写真左端)、M2(中央)、M3-Air(写真右端)
[画像のクリックで拡大表示]

それぞれの製品には、専用のキャリングケースが付属する
それぞれの製品には、専用のキャリングケースが付属する
[画像のクリックで拡大表示]

円形のクーリングパッド「M4」の利用時は、パッドを2つに分離し、最も発熱が多い部分にファン搭載パッドをあてがう
円形のクーリングパッド「M4」の利用時は、パッドを2つに分離し、最も発熱が多い部分にファン搭載パッドをあてがう
[画像のクリックで拡大表示]

 Luxa2ブランドのホームシアター向けPCケースでは、デザインだけでなく、質感にもこだわった。ヘアライン処理した5mm厚のアルミを採用するMini-ITXケース「LM100 Mini」は、フロントにAVアンプのような液晶パネルを搭載、リモートコントローラが付属するモデルも用意する。厚手のアルミを使ったため、静音の面でも優れたパフォーマンスを発揮するとしている。

Mini-ITXに対応したホームシアターケース「LM100」。5mm厚のアルミを採用し、静音にも役立てている
Mini-ITXに対応したホームシアターケース「LM100」。5mm厚のアルミを採用し、静音にも役立てている
[画像のクリックで拡大表示]

 ドライブベイにはスリムタイプの5.2インチベイと3.5インチHDDベイを装備。フロントにはUSB×2、IEEE1394×1とオーディオ端子があり、電源は200WのFlex ATXタイプを組み合わせる。同様のホームシアター向けPCケースとして、Mini-ITXとmicroATXに対応した「LM200」と、この製品に7インチのタッチスクリーン液晶を搭載した「LM200 Touch」、ATXマザーボードをサポートする「LM300 Pro」「LM300 Touch Pro」などもある。ベンダーと協力して、これらのシリーズを使ったホームシアターPCの開発も検討している。

 パン社長は、「Luxa2だけでなく、2009年末までにブランドを2、3種類作り、新市場を開拓したい」と意気込む。PCパーツ市場で、機能や性能だけにとらわれない、新しい切り口の製品群を積極的に投入する予定だ。