PR

使いやすいキーボードに液晶の画質が向上

 キーボードは、最近他の機種でも増えてきた、一つひとつのキーが独立したタイプだ。外観がとても美しいのが特徴で、爪の長い女性でも隙間に入り込む心配がないのがうれしい。アルミボディーということもあって、剛性感が高く、強めにタイプしてもたわみづらい。

 ややストロークが短く感じるが、打ちやすさは上々で、長文入力でもストレスがたまらない。なお、Macのノートは基本的にすべて同じ配列のキーボードを採用している。また、デスクトップ用のキーボードも、タイプ感や配列がほぼ同様なので、複数の機種を使い分けている方も、違和感なく併用できるだろう。

 非常に目立つ大きなトラックパッドは、一見ボディーと同様の材質に見えるが、なんとガラス製だ。手前部分の左右位置がボタンになっており、普通のパッド同様に使える。見た目ではボタンがないので、慣れるまでには若干時間がかかるが、購入後2~3日もすればごく普通に使えるはずだ。2本指によるスクロールやピンチ、3本指または4本指によるスワイプなど、Macらしい操作に対応し、なかなか使いやすい。

キーボードは剛性感があって打ちやすい。サイズ配列とも上位モデルと同様だ
キーボードは剛性感があって打ちやすい。サイズ配列とも上位モデルと同様だ
[画像のクリックで拡大表示]
暗い場所ではバックライトが光る。プレゼンなどに便利である
暗い場所ではバックライトが光る。プレゼンなどに便利である
[画像のクリックで拡大表示]
トラックパッドはガラス製なので、すり減りづらく、いつまでも美しい。左右の下部分がボタンとなっている
トラックパッドはガラス製なので、すり減りづらく、いつまでも美しい。左右の下部分がボタンとなっている
[画像のクリックで拡大表示]

 液晶は13.3型ワイドを採用し、解像度は1280×800ドットだ。AVに強いMacとしては縦横比が16対10なのがやや残念だが、各種アプリを使ううえで16対9液晶より使いやすい場面も多い。

 画質が向上した点にも注目しておきたい。LEDバックライトの液晶は新タイプになり、色域が広がっているという。確かに旧MacBookと並べて比較すると、明らかに鮮やかだ。また、MacBookの弱点だった、縦方向の視野角の狭さもかなり改善している。

液晶は画質が向上。視野角も広くなっているが、13.3型ワイドなので決して画面が広いわけではない
液晶は画質が向上。視野角も広くなっているが、13.3型ワイドなので決して画面が広いわけではない
[画像のクリックで拡大表示]