PR

 日本エイサーの新ノートPCブランド「Aspire Timeline」。今回レビューするのは13.3型ワイド液晶を備えた「AS3810T-H22」だ。

 重さ1.6kgでバッテリー駆動連続8時間という、モバイル用途を念頭に置いたコンパクトノートである。そして実勢価格は8万円台。ただし、光学ドライブは内蔵しない。携帯性が犠牲になっても光学ドライブを、というのであればプラス1万円で同じ「Aspire Timeline」シリーズの「AS5810T-D34」が視野に入ってくる。こちらはDVDスーパーマルチドライブを内蔵し、液晶サイズは15.6型ワイド。重さは2.4kgと「AS3810T-H22」の1.5倍となる。

日本エイサーの「Aspire Timeline AS3810T-H22」。液晶サイズは13.3型ワイドで、光学ドライブは搭載しない。実勢価格は9万円前後
日本エイサーの「Aspire Timeline AS3810T-H22」。液晶サイズは13.3型ワイドで、光学ドライブは搭載しない。実勢価格は9万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

シックな雰囲気の天板の中央に、「acer」ロゴが鎮座する
シックな雰囲気の天板の中央に、「acer」ロゴが鎮座する
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い