PR

 無邪気に遊ぶ子どもやペット、手料理などを写真に撮り、ブログやTwitterに掲載するユーザーは多い。しかしこのような心温まる写真から、自宅住所が特定されてしまう危険性があるという。ネット上で今、「iPhoneで撮影した写真から個人情報が漏れている」という話題が盛り上がっているのだ(図1)。

知っていれば便利な位置情報
図1 位置情報サービスが有効になっているiPhoneで撮影すると、写真データに納める各種情報(Exifデータ)の中に位置情報(緯度と経度)が記録される
図1 位置情報サービスが有効になっているiPhoneで撮影すると、写真データに納める各種情報(Exifデータ)の中に位置情報(緯度と経度)が記録される

 なぜ、このような事態が起こるのか。原因は、GPS(全地球測位システム)付きのデジタルカメラにある。GPS機能が有効なデジカメで撮影すると、撮影場所の位置情報が写真データの中に自動的に埋め込まれてしまうのだ。自宅内部をGPS付きデジカメで撮影し、ブログで公開すると、その写真から自宅を特定される危険性が生じる。写真データを解析したり、位置情報から住所を割り出したりするソフトウエアは数多くあるのだ。

 現在、GPS機能を内蔵するデジカメはほとんど流通しておらず、この問題はiPhone特有のものといえる。iPhoneは内蔵するGPS機能を使い、撮影した場所の緯度と経度を自動的に写真データに付加する。iPhoneでは、この「位置情報サービス」が初期設定で有効になっている。

 当然だが、特定できるのは自宅ばかりではない。職場や実家、人には教えたくないお気に入りスポットも第三者に知られてしまうかもしれない。1日に何度もブログを更新するユーザーは、1日の行動すべてが筒抜けとなる恐れもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い