PR

 レノボ・ジャパンのコンシューマー向けノートPCブランド「IdeaPad」シリーズに10.1型タッチ液晶を搭載した「S10-3t」がラインアップされた。OSはWindows 7 Home Premiumを採用し、マルチタッチに対応、回転式液晶を搭載した本格的タブレットPCだ。

 今回はタッチ操作や装備など、使い勝手を中心にレビューしてみたい。

タブレットPC「IdeaPad S10-3t」。実勢価格は約6万7800円。
タブレットPC「IdeaPad S10-3t」。実勢価格は約6万7800円。
[画像のクリックで拡大表示]

ベースの部分はネットブック

 まずは基本性能を見ておきたい。

 CPUはAtom N450を採用しており、HDDは250GB、メモリーは1GBで最大2GBまで増設できる。OSはWindows 7 Home Premiumだが、基本性能はネットブックレベルと考えるのが妥当。画像処理など高いスペックを要する作業には向いていないマシンである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い