PR

 BlackBerryのデスクトップマネージャには、メディアファイルを管理する機能が2つあります。1つは、Media Manager(Roxioのソフトウエア)を使う方法で、もう1つはBlackBerry Media Syncを介して、iTunesやWindows Media Player(WMP)で管理している音楽を同期させる方法です。

 前者は、Media PlayerやiTunesで音楽データを管理していない場合に使います。後者は、既にiTunesまたはWMPで音楽を管理している場合に使います。

 BlackBerry Boldは、直接MP3ファイルの再生が可能なので、必ずしもこうした転送機能を使う必要はありません。筆者が試したところ、64k~256kbpsのMP3ファイルが再生可能でした。ファイルサイズの問題を除けば、PCからBlackBerryに音楽ファイルを転送するのに、ビットレートを落とす必要はありません。また後述するように、MP3ファイルのビットレートを落とすと音質が悪化する場合もあります。

 転送方法を考える前に、BlackBerry自体の音楽再生機能がどの程度のものかを調べてみました。同じCDからビットレートを変えてMP3ファイルを作り、これをメモリーカードに直接コピーしてBoldに装着、標準の音楽プレーヤーで再生してみます。この状態では、64kbpsから256kbpsまで、あまり大きな差が出ませんでした。強いて言えば、128kbps以上ではバックグラウンドの「シャー」というノイズが少なく、音を聞いたときの「厚み」が少し違います。64kbpsでは、少し音が「薄い」という感じがします。AMラジオとFMラジオの音の違いのような感じです(ノイズではなくて音の感じとして)。

 一方、CDから直接ではなく、高いビットレートで変換したMP3ファイルを、Media Managerの変換機能を使ってビットレートを落とすと、音質はかなり悪化します。ビットレート192kbpsのMP3データを64kbpsに変換したところ、高い音のところで震えるような音が聞こえたり、「シャワシャワ」といったノイズが入るようになりました。

 もちろん、元のファイルのエンコード方法や、曲によっても違いはありますが、全般的に、音質の悪化はMP3ファイルのビットレートを変換したときの方が大きいようです。

 ビットレートは、ファイルサイズに影響します。同じ長さの曲であれば、ビットレートが高い方がファイルサイズが大きくなります。ただ音質は、128kbps以上にしても大きく変化しないと言われています。BlackBerryなどのモバイルデバイスでは、オーディオ専用機のような回路が使われているわけでもないので、ファイルだけが高音質になっていても、その効果はほとんど期待できません。

 試してみた結果、Boldで曲を聴くならMP3の128kbpsで十分だと感じました。これ以上のビットレートでも再生は可能ですが、音質の差はあまりありません。128kbps以下にすると、ファイルサイズは小さくなりますが、Boldで聴いたときにあまり音質が良くありませんでした。着信音のような使い方ならよいでしょうが、音楽を楽しむというレベルには達していないと感じました。

 前述のように、MP3ファイルのビットレートを変換すると音質が悪化するようです。転送時にビットレートを変換することは避けた方がいいでしょう。

 こうして試してみると、Boldでメディアファイルを扱う方法が見えてきます。Bold自体は、高いビットレートのMP3ファイルも再生可能なので、基本的には、何も変換せずに転送した方が良い結果になります。となると、Media Syncを使うか、メモリーカードに直接コピーする方法がいいでしょう。
 
 Media Managerを使ってもいいのですが、このときには、ビットレートを変換しないように設定します。Media ManagerのオプションにあるBlackBerryタブの設定は、転送時の「最適な再生を行うため変換」に対応し、ここを設定すると、コピーのときに変換が選択された状態でダイアログボックスが開きます。ここで「そのまま」を選択しておくと「変換せずにコピー」が選択状態になり、「高度変換オプション」を開くと設定画面が表示されます。ビットレートなどの変換機能を使わないのであれば、Media Managerを使う理由は特にありません。

デスクトップマネージャには「メディア」メニューがあり、これをクリックするとメディア管理機能に切り替わる
デスクトップマネージャには「メディア」メニューがあり、これをクリックするとメディア管理機能に切り替わる
[画像のクリックで拡大表示]

通常は、Media ManagerかMedia Syncのどちらかを使うが、両方をインストールして使い分けることも可能。ただし、使い分けるメリットはほとんどない。今回は評価のため両方をインストールしてある
通常は、Media ManagerかMedia Syncのどちらかを使うが、両方をインストールして使い分けることも可能。ただし、使い分けるメリットはほとんどない。今回は評価のため両方をインストールしてある
[画像のクリックで拡大表示]

Media Managerは、Roxioのソフトウエア。上のリストからファイルを選んで、下のBlackBerryデバイスへコピーする
Media Managerは、Roxioのソフトウエア。上のリストからファイルを選んで、下のBlackBerryデバイスへコピーする
[画像のクリックで拡大表示]

Media Syncは、WMPやiTunesのライブラリのファイルを再生リストを元に転送するソフトウエア。設定もほとんどなく簡単に使える。ただし、起動や同期開始などは手動で行う
Media Syncは、WMPやiTunesのライブラリのファイルを再生リストを元に転送するソフトウエア。設定もほとんどなく簡単に使える。ただし、起動や同期開始などは手動で行う
[画像のクリックで拡大表示]

Media Managerでコピーを開始するときには、このようなダイアログボックスが表示される。ここで「変換せずにコピー」を行う。「最適な再生を行うため変換」は、オプション設定に従って変換することを意味し、「高度変換オプション」は、設定ウィンドウを表示する。
Media Managerでコピーを開始するときには、このようなダイアログボックスが表示される。ここで「変換せずにコピー」を行う。「最適な再生を行うため変換」は、オプション設定に従って変換することを意味し、「高度変換オプション」は、設定ウィンドウを表示する。

Media Managerのオプション「BlackBerry」タブ。ここで、変換先となる形式を指定する。形式として「そのまま」を選ぶと、コピー前に表示されるダイアログで「変換せずにコピー」が選択された状態で表示される
Media Managerのオプション「BlackBerry」タブ。ここで、変換先となる形式を指定する。形式として「そのまま」を選ぶと、コピー前に表示されるダイアログで「変換せずにコピー」が選択された状態で表示される
[画像のクリックで拡大表示]