PR

ノートのラインアップを拡充!
IdeaPadシリーズのニューモデル

 レノボ・ジャパンのコンシューマー向けノートPCブランドIdeaPadシリーズは、エントリーからハイエンドまでの新製品がラインアップされた。

 カラフルな天板がひときわ目を引く「IdeaPad U160」はPentium U5400を搭載した新世代のCULVノート。通信機能として、無線LANのほかWiMAX機能も実装。バッテリー駆動時間は7時間と長く、重さは1.4kg程度と軽い。オプションの3セルバッテリーを搭載すれば、1.25kgとなる。

 「IdeaPad S10-3t」は重さ1.5kg、9時間駆動のタブレットPC。静電容量式パネル採用でマルチタッチにも対応する。

【携帯ノート】IdeaPad U160

正方形を散りばめたデザインとアルミの質感を取り入れた天板は「スクエア・レッド」という新デザイン。
正方形を散りばめたデザインとアルミの質感を取り入れた天板は「スクエア・レッド」という新デザイン。

【携帯ノート】IdeaPad S10-3t