PR

【液晶一体型デスクトップ】ESPRIMO FHシリーズ ESPRIMO FH550/3AM

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

内蔵カメラで3D映像が作れる!
3D対応パソコンが新登場

 富士通のデスクトップのなかで、最も人気があるのがESPRIMO FHシリーズだ。手ごろな価格で購入でき、置き場所を取らないボードタイプの一体型だ。旬の「3D」に対応したのが、今シーズンの目玉だ。

 3Dは偏光方式を採用し、付属の専用メガネは充電の必要がなく手軽に使える。この冬にも登場が予定されているブルーレイ3Dに対応し、映画コンテンツを立体的に視聴できる。また、2Dの動画をリアルタイムで3Dに変換して再生する機能も持っており、一般的なDVDビデオを立体的に視聴できるのだ。3D映像への変換は、付属ソフト「PowerDVD 9」によって行われる。

 今シーズン一気に増えた3Dパソコンだが、他社との違いは3Dコンテンツを自作できること。液晶上部に、2つのWebカメラを内蔵しており、立体的な映像を撮影できる仕組みだ。実際にテストしてみると、パソコンの前に座った自分が立体的に映って、なかなか面白い。ブルーレイやDVDなどのディスクに保存すれば、3Dビデオレターが作成できる。撮影可能なサイズは、640×480ドットとあまり大きくなく、再生には本モデルが必要になる。

 CPUはCore i3、液晶は20型と、スペックはFHシリーズのなかで下位モデルに位置付けられる。しかし、1TBのHDDやブルーレイディスクドライブ、地デジチューナーをダブルで搭載するなど、AV機能が充実している。動画や音楽再生時に手の動きで操作できる、ジェスチャーコントロール機能にも対応している。

購入のポイント!
3D機能を搭載しながら、20万円を切る現実的な価格が魅力。3Dコンテンツを作れるのも他社とは違った魅力だ。今後登場するであろう3Dビデオカメラなどの対応が気になるところ。

[画像のクリックで拡大表示]