PR

 ユーザーが本当に満足できる製品とメーカーはどれか。これを確かめるため、パソコンを実際に購入したユーザーに対してアンケート調査を実施した。機能からサポートまで評価の詳細を分析することで、カタログ値では見えない生の声をあぶりだした。

 今やパソコンは我々の仕事や生活に不可欠なツールとなった。業務の効率化や生産性向上、取引先や友人、知人との円滑なコミュニケーションを担う大切なパートナーである。

 購入から数年間を共に過ごすと考えれば、簡単に製品を選ぶことはできない。機能が著しく劣っている、あるいは操作性が悪くて扱いづらい製品は避けたい。すぐに壊れてしまうような品質が劣る製品などもってのほか。トラブル時には迅速かつ的確に対応してくれる信頼性の高いメーカーを選びたい。

 パソコンは既に成熟化した製品だと言われている。確かに、以前と比べれば、機能の画一化が進み、製品ごとの違いが見えづらくなっているかもしれない。「パソコンなんてどれを買っても同じ」と評する人もいる。だが、買ってから「しまった」と思うことも実際には多いものだ。

 ユーザーが機能や操作性に満足でき、かつ安心して使えるパソコンは一体どれなのか。これを確かめるために、日経パソコン編集部では実際にパソコンを購入したユーザーにその評価を聞くアンケート調査を実施した。同様の調査は2007年から実施しており、今回で4回目となる。

 調査対象は、過去3年以内に個人向けパソコンを購入したユーザー。パソコンの性能・機能、操作性、デザイン、サポートなどの評価を聞いた上で、最後に総合的な満足度について回答を得た。総合満足度はノートとデスクトップに分けて集計した。

 結果は図の通り。ノートパソコン部門は、ほとんどのメーカーが4.5ポイントから5ポイント強の範囲に収まる僅差の中、パナソニックが1位。同社のLet's noteはビジネス用途を重視した製品で堅牢性に優れ、バッテリー駆動時間が長く、本体が軽いことが評価を受けた。

●[ノート]総合満足度
図1 ノートパソコンでは、メーカーによるスコアの差が少ない。僅差でパナソニックが1位となった。ユーザーが「満足」を選んだ場合は10点、「まあ満足」を5点、「どちらとも言えない」を0点「やや不満」を-5点、「不満」を-10点として、その合計値を有効回答数で割った値を“満足度”として表した
図1 ノートパソコンでは、メーカーによるスコアの差が少ない。僅差でパナソニックが1位となった。ユーザーが「満足」を選んだ場合は10点、「まあ満足」を5点、「どちらとも言えない」を0点「やや不満」を-5点、「不満」を-10点として、その合計値を有効回答数で割った値を“満足度”として表した
[画像のクリックで拡大表示]

 2位はレノボ・ジャパン。こちらも堅牢性が特徴。ただ、最近では価格の安い製品を投入し、コストパフォーマンスの評価も高まっている。過去3年間の推移を見ると1位と2位は、パナソニックとレノボの2社で競い合っているが、今回はパナソニックが上回った(次ページ図3)。

 3位は東芝。昨年の7位から大きく躍進した。高音質スピーカーを搭載するなどAV機能の充実ぶりや、丁寧なサポートで高評価を得た。