PR

 ジャストシステムは12月7日、日本語入力ソフト「ATOK」の最新版「ATOK 2011 for Windows [ベーシック]」を来年2月10日に発売すると発表した。電子辞典や翻訳サービスを追加した「ATOK 2011 for Windows [プレミアム]」も同時発売する。「ATOK 2011 for Windows [ベーシック]」は8400円、「ATOK 2011 for Windows[プレミアム]」は1万2600円、優待版やアカデミック版なども用意する。

 「ATOK 2011 for Windows」(以下、ATOK 2011)の大きな特徴は、使うユーザーに合わせて賢く変換できることだ。入力中の言葉の傾向を元に、効率的に入力できるように「人名優先」「話し言葉関西」などの中から適切なモードへの切り替えを提示したり、ユーザーが関心のあるWebサイトや一太郎文書、HTMLファイルなどから省入力データを登録して、推測候補として提示したりする機能を備えた。また、こうして鍛え上げたATOKのユーザー辞書をインターネット経由で共有するサービス「ATOK Syncアドバンス」が用意された。登録単語だけでなく、学習情報や確定履歴、環境設定情報なども同期できる。職場と自宅のパソコンで仕事をするユーザーにはメリットがあるだろう。

 新たにATOKを使うユーザーにとっては、変換操作がシンプルになったこともメリットだろう。特別なキー操作を覚えなくても入力できる。

 早速、ベータ版を使ってみたので、新機能や操作性を画面で紹介する。

適切なモードに切り替えて変換結果を提示「スマートモードチェンジ」

 「スマートモードチェンジ」は、入力している言葉の傾向を元に、人名や地名を効率的に入力できる「人名優先」「地名優先」モード、方言をストレスなく変換できる「話し言葉関西」など6地域の話し言葉モードなど、いくつかあるモードから適切なものに切り替えを促す機能だ。

人名を連続して入力していると、人名を効率的に入力できる「人名優先」モードで変換して切り替えを提示
人名を連続して入力していると、人名を効率的に入力できる「人名優先」モードで変換して切り替えを提示
[画像のクリックで拡大表示]

方言を入力すると、その方言のモードで変換して切り替えを提示する
方言を入力すると、その方言のモードで変換して切り替えを提示する
[画像のクリックで拡大表示]

指定したRSSを学習、省入力データを自動登録する「おまかせキーワードチャージャー」

 「おまかせキーワードチャージャー」は、従来のバージョンでも「AI辞書トレーナー」という名称で搭載していた機能である。指定したファイルやフォルダー内にある一太郎文書などから収集したデータを解析。推測変換向けのフレーズを抽出し、省入力データとして登録する。今回、これに加え、WebサイトのRSSを設定しておくと、そこから収集したデータを定期的に登録してくれるようになった。

RSSから定期的にデータを取得し、旬のフレーズを省入力データとして登録。推測変換候補として表示できる
RSSから定期的にデータを取得し、旬のフレーズを省入力データとして登録。推測変換候補として表示できる
[画像のクリックで拡大表示]