PR

 アップルは10月5日、スマートフォンの「iPhone 4S」を発表した。国内では、旧版のiPhone 4までソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)が独占販売していたが、新版はKDDI(au)からも購入できるようになり、大きな話題となった。

 iPhone 4Sの注目ポイントは、「ハード性能」「搭載OS」「クラウドサービス」「ソフトバンク版とau版の通信速度の違い」の4つ。まずはハード性能を見ていこう。

 新旧iPhoneの外観は、一見しただけでは区別できないほど酷似している(図1)。新版の本体色は黒と白の2種類。当初、旧版のiPhone 4は黒のみだったが、あとから白のモデルが追加されたので色では新旧を判断できない。主な違いは、側面を構成している金属部の継ぎ目の位置だ。側面の金属部は電波を受信するアンテナの役割を果たしている。継ぎ目の位置の変更は、通信状態に応じて2カ所のアンテナを自動で切り替える機能を搭載したことによるものだ。さらに新版のiPhoneは、左側面にある音量調節ボタンとマナーモードのスイッチが旧版より数mm下にずれた。旧版のiPhone用ケースを新版に流用すると、スイッチの操作がしづらくなる場合がある。

●外観は似ているが性能はアップ
図1 2011年10月に登場した「iPhone 4S」の外観は、従来機「iPhone 4」とほぼ同じ。新版は、プロセッサーが「Apple A5」に変わったほか、本体背面のカメラ機能が大幅に進化した
図1 2011年10月に登場した「iPhone 4S」の外観は、従来機「iPhone 4」とほぼ同じ。新版は、プロセッサーが「Apple A5」に変わったほか、本体背面のカメラ機能が大幅に進化した
[画像のクリックで拡大表示]