PR

 モバイルノート市場が風雲急を告げている。これまでは、軽量でバッテリー駆動時間が長いノートに通常電圧版のCPUを組み込んだ「本格モバイルノート」が主流の製品であった。パナソニックの「Let's note SX」やソニーの「VIAO Z」などが人気モデルとなっていた。ところが、ここへ来てUltrabookが台頭し、選択肢が驚くほど広がっている。Ultrabookは薄くて軽量ながら、本格モバイルノートに比べると、5万~10万円は安いのだ。

 これまでに10台を超えるUltrabookをテストしてきたが、何より驚くのがCPU性能が高いことだ。ご存じのように、Ultrabookは、CPUの型番に「U」が付く「超低電圧版」のCPUを採用している。一昔前にも超低電圧版のCPUが流行した時期があったのだが、バッテリー駆動時間が長くなるものの、どうしても性能が不足気味だった。そこで、上位モデルのモバイルノートが通常電圧版のCPUを積み始めたというのが、これまでの経緯なのだ。

 僕の頭にも「超低電圧版は遅い」という印象がこびりついていたからこそ、Ultrabookを使ってみて驚いた。なんとまあ、十分以上と言えるほどのレスポンスである。

 しかも、最近のモバイルノートは高速起動や、スタンバイやレジュームからの高速復帰など、起動系のレスポンス向上がトレンドになっている。実用上の快適さも追求しているわけだ。

 さて、そんなUltrabook市場に遅れてやってきたのが、NECのLaVie Zだ。後発組だけに完成度が楽しみである。そもそも、NECはコンシューマー向けのモバイルノートから、しばらく遠ざかっていた。

 久々に投入するからこそ、気合も入っているのだろう。なんと、13.3型液晶を搭載するモデルながら、重量は875gと、開いた口がふさがらない。

 今回は、やや長期間借りることができたので、実際に使ってみた感想を交えつつ、例によって重箱の隅を突いていこう。

 なお、今回のレビューでは試作機を利用しているので、製品版とは若干異なる可能性があることをご了承いただきたい。

新登場のLaVie Zは、NECの意地の固まりのようなUltrabookだ。
新登場のLaVie Zは、NECの意地の固まりのようなUltrabookだ。
[画像のクリックで拡大表示]