PR

 米マイクロソフトは2012年6月18日(米国時間)、独自開発のタブレット端末「Surface」を発表した(図1)。2012年の年末商戦に登場する次期OS「Windows 8」を搭載し、キーボードとしても使えるカバーが付いた、新コンセプトの端末だ。同社がパソコンやタブレット端末を自社で手掛けるのは初めてである。

●独自開発の「Surface」を発表
図1 米ロサンゼルスで開催した発表会で「Surface」を披露するWindows&Windows Live担当プレジデントのスティーブン・シノフスキー氏(同社が公開した動画より、以下同)
図1 米ロサンゼルスで開催した発表会で「Surface」を披露するWindows&Windows Live担当プレジデントのスティーブン・シノフスキー氏(同社が公開した動画より、以下同)

 「Surfaceはパソコンであり、タブレット端末であり、新しい何かだ」。米国で開催したSurfaceの発表会で、同社のスティーブ・バルマーCEO(最高経営責任者)はこう説明した。同社が満を持して投入するハードウエアは、パソコンとタブレット端末を融合させ、従来にない利用体験をもたらすものだという。

 そのコンセプトを端的に表しているのが、「タッチカバー」と呼ばれる“キーボード付きカバー”だ。本体側面にワンタッチで装着でき、開くと内側がキーボードになっている(図2)。厚さはわずか3mm。独自の圧力感知技術により、まるでノートパソコンのようにキー入力できる。まさにタブレット端末としてもノートパソコンとしても使えるわけだ。

●厚さ3mmのカバーがキーボードにもなる
図2 磁力で簡単に装着できるカバーを開くと、何と内側がタッチ式のキーボードになっている。わずか3mmの厚さのキーボードだ
図2 磁力で簡単に装着できるカバーを開くと、何と内側がタッチ式のキーボードになっている。わずか3mmの厚さのキーボードだ
[画像のクリックで拡大表示]

 このキーボード付きカバーには、5色のバリエーションが用意される(図3)。米アップルの「iPad」が複数の色のカバーを提供してファッション性を演出したのと似たアプローチだ。Windowsを搭載したタブレット端末はこれまでビジネス向けの印象が強かったが、Surfaceはコンシューマーをより意識したデザインになっている。そのカバーにキーボードまで付いている点が、ほかのタブレット端末にはない最大の特徴となる。

図3 キーボード付きカバーは5色を用意。通常のキーボードのように可動式のキーを採用した、厚さ5mmのカバーもある
図3 キーボード付きカバーは5色を用意。通常のキーボードのように可動式のキーを採用した、厚さ5mmのカバーもある

 また、本体の背面にスタンドが埋め込まれているのもユニークな点。ノートパソコンのように使う場合は、スタンドを開いて画面を自立させる(図4)。本体のみをスタンドで立てれば、フォトフレームのように使うことができる。

図4 背面のスタンドを立てれば、ノートパソコンのように使える。Ultrabookのライバルになるだろう。画面は開発中のWordの次期版とみられる
図4 背面のスタンドを立てれば、ノートパソコンのように使える。Ultrabookのライバルになるだろう。画面は開発中のWordの次期版とみられる
[画像のクリックで拡大表示]