PR

 ソニーからAndroidタブレットの新製品が登場した。その名はなんと「Xperia Tablet S」である。のっけから余談で恐縮だが、このネーミングがちょっと微妙だ。そもそも、前モデルは「Sony Tablet S」と命名されていた。ソニー・エリクソンをソニーが完全子会社化したこともあって、「Xperia」というスマホのシリーズと同様の名前を付けたのだろう。

 まあ、Androidタブレットがスマホと同ジャンルの製品であると考えるなら、納得の名前である。だが、そもそも「SONY」というネーミングは同社で一番格上の名前なのだから、「Xperia」よりも価値が高いと思うのだ。なんとなく、格下になったような気がするのは僕だけではあるまい。

 さて、本題だ。Androidタブレットをチェックする際の視点は、完璧にiPadとの比較である。そもそも、よほどのモノ好きか仕事で必要な人を除くとiPadとAndroidタブレットを両方買うことはしない。となると、iPadとどちらを選ぶかという考えにたどり着くのが普通だ。Android同士の比較をする以前に、最強の敵であるiPadを超えなければならないのだ。

 スマホ市場ではAndroidの勢いが素晴らしいが、これはある意味で納得できる。スマホの場合、「とりあえず電話とメールができればよい」と考えているユーザーも少なくないだろう。安さが一番重要だという人もいるだろう。そうなると、キャリアの選択肢の広さでAndroidがよく売れるのは当然の流れだ。日本市場では、おサイフケータイや高速通信サービス「Xi」対応などもAndroid陣営にプラスに働いている。それでも、iPhoneが不調なわけではなく、しっかりと利益を上げている。アップルはシェアでは負けても商売には勝っているのだ。

 スマホに比べると、購入するユーザーが限られているAndroidタブレットの方がアップル――つまりiPadに勝つのは大変なのだ。メーカーとしては、よくアップルと比較されるソニーだけに、さらなる勝負をかけてくるはず。製品のチェックが楽しみだ。

今回チェックする新製品の「Xperia Tablet S」。ソニーが力を入れるAndroidタブレットの新製品だ。今回は試作機でレビュー。
今回チェックする新製品の「Xperia Tablet S」。ソニーが力を入れるAndroidタブレットの新製品だ。今回は試作機でレビュー。
[画像のクリックで拡大表示]