PR

 魅力的な価格や特徴的な機能に引かれてパソコンを購入したが、その後で製品の意外な弱点が判明したという苦い経験を持つ人も多いだろう。「画面が見づらい」「電池が持たない」「入力がしづらい」といった機能面のほか、場合によってはサポートや故障時の修理といったメーカーの対応を不満に感じることもある。

 パソコンはユーザーの生産性を支え、重要なデータを記録する仕事の生命線ともいえるツール。それだけに、可能な限りストレスなく快適に使えて、信頼性の高い製品を選びたい。ユーザーの期待に応える優れた製品はどれか。これを検証するため、実際に製品を購入したユーザーに対するアンケート調査を実施した。

 パソコンの性能・機能、操作性・使い勝手、デザイン、コストパフォーマンス、サポートの評価をした上で、最後に総合的なパソコンの満足度を聞いた。

 結果は次の図1、図2の通り。

図1 3年以内にノートパソコンを購入した人にパソコンの総合的な満足度を聞いた。「満足」を10点、「まあ満足」を5点、「どちらとも言えない」を0点、「やや不満」を-5点、「不満」を-10点として、合計値を有効回答数で割った値を満足度とした。1位のパナソニックが6ポイントを超えた。2位から9位が5ポイント以上と僅差の結果となった
図1 3年以内にノートパソコンを購入した人にパソコンの総合的な満足度を聞いた。「満足」を10点、「まあ満足」を5点、「どちらとも言えない」を0点、「やや不満」を-5点、「不満」を-10点として、合計値を有効回答数で割った値を満足度とした。1位のパナソニックが6ポイントを超えた。2位から9位が5ポイント以上と僅差の結果となった
[画像のクリックで拡大表示]

図2 デスクトップパソコンでも、ノートパソコンと同様に満足度を集計した。テレビ機能を内蔵した一体型デスクトップを販売している東芝が唯一の6ポイント以上となり2位以下を引き離した。2位から5位までは平均の5.47ポイント以上となり、メーカー各社で満足度の値に大きな差は出なかった
図2 デスクトップパソコンでも、ノートパソコンと同様に満足度を集計した。テレビ機能を内蔵した一体型デスクトップを販売している東芝が唯一の6ポイント以上となり2位以下を引き離した。2位から5位までは平均の5.47ポイント以上となり、メーカー各社で満足度の値に大きな差は出なかった
[画像のクリックで拡大表示]

※平均の数値はグラフ中のメーカーにおける全ユーザーの満足度を集計し、計算したもの。カッコ内の数値は有効回答数