PR

口コミ・お薦めを有効活用

 ネット通販では、口コミ情報を容易に参照できることが魅力的だ。ただし、特定企業に利益を誘導するために雇われた人が書き込むこともある。口コミの信頼度を高めるため、両社とも本当に購入した人のコメントだけを参照できる仕組みを用意している(図5)。公平な評価が見たければ「レビュアーの過去のコメントを読んで、特定企業に肩入れしていないかを確認するとよい」(通販評論家の村山らむね氏)。

【信頼できる口コミ情報を探せる】
図5 アマゾン、楽天ともに購入者だけに絞った、信頼性の高い商品の評価(レビュー)を閲覧できる。評価者(レビュアー)としての格付け情報や、過去の評価の内容などを見ると、評価内容の信頼性を判断するのに役立つ
図5 アマゾン、楽天ともに購入者だけに絞った、信頼性の高い商品の評価(レビュー)を閲覧できる。評価者(レビュアー)としての格付け情報や、過去の評価の内容などを見ると、評価内容の信頼性を判断するのに役立つ
[画像のクリックで拡大表示]

 過去の購入履歴などからお薦めの商品を紹介してくれるレコメンド(お薦め)情報も、ネット通販の魅力だ。ただ、トップ画面にも表示されるので、時には特定の商品ジャンルを表示してほしくないこともあるだろう。アマゾンではレコメンド紹介の対象商品を、自分の好みで選べる機能が用意されている(図6)。

アマゾンではレコメンドの精度を調整できる

アマゾンのトップ画面では、過去に閲覧した商品に関連するレコメンド(お薦め)情報が表示される。その左下にある「表示履歴を管理する」をクリックする
アマゾンのトップ画面では、過去に閲覧した商品に関連するレコメンド(お薦め)情報が表示される。その左下にある「表示履歴を管理する」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

ほとんどの商品の履歴を残し、一部の商品の履歴を消したい場合は、リストアップされた各商品の右側にある「この商品を削除する」をクリックする
ほとんどの商品の履歴を残し、一部の商品の履歴を消したい場合は、リストアップされた各商品の右側にある「この商品を削除する」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

するとトップ画面で、その商品に関連したレコメンド情報が表示されなくなる
するとトップ画面で、その商品に関連したレコメンド情報が表示されなくなる
[画像のクリックで拡大表示]

図6 アマゾンは表示履歴の管理機能を用意している。これはレコメンド情報の表示対象となる商品を取捨選択して、表示の精度を上げるためのものだ