PR

 スマートフォンの普及が進んでいることを受けて、2013年は無線通信環境の改善が大きく進む(図1)。家庭内で使う無線LANや屋外で使う移動通信サービスは通信速度が高まる。また、NFCやBluetoothなどの短距離無線通信技術に対応する周辺機器も拡大し、スマートフォンと手軽に連携できるようになる。

●スマートフォンを軸に各種無線技術の高速化と普及が進む
図1 スマートフォンに搭載されるNFCやBluetoothなどの短距離無線通信の利便性が高まり、無線LANやLTE対応の移動通信サービスは高速化が進む。無線LANを使う短距離映像伝送方式「Miracast」の対応製品も増えそうだ
図1 スマートフォンに搭載されるNFCやBluetoothなどの短距離無線通信の利便性が高まり、無線LANやLTE対応の移動通信サービスは高速化が進む。無線LANを使う短距離映像伝送方式「Miracast」の対応製品も増えそうだ
[画像のクリックで拡大表示]