PR

 新iPhoneが登場して2週間以上たった。僕も発売日の翌日には入手して使い続けてきたので、実感した良い点と欠点を紹介していこう。

 なお、入手したのはiPhone 5sと5cだ。iPhone 5cは仕事用の入手なので、毎日持ち歩いてはいない。また、買い換え前にはiPhone 5を利用し、別途GALAXY S4を使っているので、それらとも比較していく。

 さて、ここまでの市況をチェックしていくと、新iPhoneは以前に比べると人気がないと誰しもが感じるだろう。iPhone 5cは、恐らく入荷が少なかったであろう一部の色とメモリーの組み合わせを除けば、発売当初から売り切れになったことはほとんどない(関連記事)。iPhone 5sもゴールドとシルバーの入手が困難だが、スペースグレイでよければ案外簡単に手に入る状況だ。テレビなどで取り上げられる機会も減っているように感じられた。iPhone 5までのような爆発的な話題にはならなかったのである。

 購入した方、これから買おうとしている方からも「どこが変わったかよく分からない」という声が少なくない。

 購入した僕自身の思いは結論でまとめるとして、今までの新iPhone登場時とは少し様子が変わっていると思うのだ。

 ところが、世界的に見た販売台数は順調で、アップルの株価も押し上げている。日本では、実際に何台販売され、ニーズがどの程度だったのかは不明だ。要するに、型番に「s」が付いただけのマイナーアップデートだから、話題性に乏しいのも当然だ。にもかかわらず、順調に売れているのはさすがとしかいいようがない。

iPhone 5sが人気だ。写真は手に入りやすいスペースグレイ。
iPhone 5sが人気だ。写真は手に入りやすいスペースグレイ。
[画像のクリックで拡大表示]

背面は前モデルであるiPhone 5とほとんど変わらない。
背面は前モデルであるiPhone 5とほとんど変わらない。
[画像のクリックで拡大表示]