PR

 日本航空(JAL)は2014年7月から、国内線で機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を提供する。国内では初めての航空機内サービスである。乗客は、機内に持ち込んだ自分のスマートフォンやタブレット、ノートパソコンで、Webサイトの閲覧やメールの送受信ができるようになる。

 既に国際線や海外路線では、機内インターネット接続サービスを提供する動きが活発になっている。いつでもどこでもネットに接続できる昨今、飛行機はその例外の一つだったが、ようやくその壁が取り払われつつある。

衛星経由でネットに接続

 JAL SKY Wi-Fiは、新仕様の機材「JAL SKY NEXT」を導入した機体で利用できる有料サービスだ。本革を使った新シートやLED照明などの新しい機内インテリアに加えて、インターネット接続サービスも提供する(図1)。米ボーイング製の777型機、767型機、737型機の合計77機について順次対応する予定で、2016年前半までに完了するという。

 料金プランは2つ用意する(図2)。時間制なら30分までで400円。フライト単位の場合はフライトの区間距離と使用するデバイスによって料金が変わる。パソコンまたはタブレットを使う場合、羽田・大阪間なら500円、羽田・沖縄間なら1200円である。いずれもクレジットカードで支払う。無料でも無線LANには接続可能で、機内に設置されたサーバーから配信されるWebコンテンツや動画を視聴できる。ただし、機内でIT機器の貸し出しなどは実施しない。

●新仕様の国内線「JAL SKY NEXT」でネット接続サービスを提供
図1 日本航空(JAL)は2014年7月に、国内線で機内インターネット接続サービスを提供する。新シートやLED照明など新しい仕様「JAL SKY NEXT」を導入した機体から順次利用できるようにする。機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」の画面
図1 日本航空(JAL)は2014年7月に、国内線で機内インターネット接続サービスを提供する。新シートやLED照明など新しい仕様「JAL SKY NEXT」を導入した機体から順次利用できるようにする。機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

●30分400円から利用できる
図2 国内線のJAL SKY Wi-Fiの料金。時間制かフライト単位かを選択できる。フライトプランでは、使用するデバイスによって料金が異なる場合がある
図2 国内線のJAL SKY Wi-Fiの料金。時間制かフライト単位かを選択できる。フライトプランでは、使用するデバイスによって料金が異なる場合がある
[画像のクリックで拡大表示]