PR

表示品質やサイズでXperiaやNexusが健闘

 タブレットの評価をより詳細に分析するために4つの項目別の満足度の結果を見ていこう。

 まずは「画面の表示品質」(図1)。タブレットの主な用途は、各種の情報や動画などのコンテンツを見ることであり、表示性能は最も重要であると考えられる。1位は「iPad Air」。2048×1536ドットと高解像度の9.7型液晶を備えており「画面の絵や文字が鮮明で美しい」(60代以上男性)と賞賛する声が多数見られた。

●[タブレット]画面の表示品質の満足度
図1 高解像度液晶を搭載して9.7型と比較的大きめの液晶を備えるiPad Airが7ポイントを超える高得点。Xperia Tabletも評価が高い
図1 高解像度液晶を搭載して9.7型と比較的大きめの液晶を備えるiPad Airが7ポイントを超える高得点。Xperia Tabletも評価が高い
[画像のクリックで拡大表示]

 2位は「Xperia Tablet」で、「画面が美しい」「きれい」「発色が良い」と評価する意見があった。小型の製品では7型の「Nexus 7(2013年モデル)」が4位。こちらは解像度の高さを支持する声が多い。

 自宅やオフィスの中でも場所を選ばず、移動しながら使うことの多いタブレットは「バッテリー」の駆動時間の長さも求められる。iPad Airと「iPad mini」はほぼ同じ満足度で1位と2位に入った(図2)。「充電しなくても2日くらいは十分に持つ。バッテリーを気にせず安心して使える」(iPad Airユーザーの50代男性)と、駆動時間の長さを満足の理由に挙げるユーザーは多い。

●[タブレット]バッテリー駆動時間の満足度
図2 iPadシリーズのほかは、dtabの評価が高い。低消費電力のIGZO液晶を搭載したAQUOS PADは5位に入った
図2 iPadシリーズのほかは、dtabの評価が高い。低消費電力のIGZO液晶を搭載したAQUOS PADは5位に入った
[画像のクリックで拡大表示]