PR

 中国メーカーの激安スマートフォンが韓国に浸透、スマートフォンの低価格競争が巻き起こっている中、久々にLG電子のハイエンドスマートフォンが注目を浴びている。しかし、LG電子のスマートフォン新機種はまだ発表前である。2月に公開するというニュースだけで、早くもSNSを賑わせている。それはなぜか。

 LG電子は1月上旬、バルセロナで開催される世界最大規模のモバイル展示会MWC 2016の前日である2月21日、MWCの会場でスマートフォンの新機種「G5」を公開すると発表した。サムスン電子は毎年海外の展示会でGALAXYの新機種を大々的に公開しているが、LG電子が展示会で新機種を発表するのはこれが初めて。LG電子は他のメーカーと比べられる展示会より、春に独自のイベントを開催して新機種を公開してきた。

 LG電子が展示会で新機種を公開するというだけで、韓国では早速「G5はLG電子のかなりの自信作のようだ」と期待が高まっている。LG電子の技術力、デザイン力を見せつけるためのスマートフォン、という意味である。

写真●LG電子のスマートフォン新機種G5公開イベントの招待状
写真●LG電子のスマートフォン新機種G5公開イベントの招待状
LG電子は2月21日、世界最大規模のモバイル展示会MWC2016会場でスマートフォン新機種G5を公開することにした。例年より2カ月ほど前倒しの新機種発表で、海外の展示会で新機種を公開するのも初めてである。LG電子は同じく2月公開が予定されているサムスン電子の新機種GALAXY S7と正面勝負することを選んだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 LG電子側もこれを否定せず、「Gシリーズが回を重ねるほど性能もデザインも高い評価を得ているので、他のメーカーと正面勝負できる展示会で新機種を公開してもいいという自信の表れ」だと説明した。サムスン電子も新機種GALAXY S7をもうすぐ公開する予定なので、「サムスン電子と正面勝負しても負けない自信がある」という意味にも解釈できる。

 G5の公開イベントの招待状には「Play begins」と書いてある。そのことから、韓国メディアは「G5は写真撮影や音楽、動画再生などエンタメ機能を強化したようだ」と評価している。LG電子のスマートフォンの売り上げが落ちていることもあり、G5にすべてをかけた様子だった。