PR

 「今月のご利用金額は9800円です」――普段は見過ごしていたスマートフォン(以下スマホ)の料金告知を見て、ため息が出たという経験を持つ人も多いはずだ。最近のスマホに対する一般的な支払額は月額で7000~1万円(図1)。有料のオプションサービスなどに加入していれば、1万円を超えることもある。スマホを利用する家族がいれば、その支払額は2倍、3倍と増えていく。

●スマホ料金の高さに冷や汗をかいたことはありませんか?
●スマホ料金の高さに冷や汗をかいたことはありませんか?
図1 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルと大手事業者のスマートフォンは通話料・データ通信料・端末料金などを含めると利用するための月額料金は一般に7000~1万円。仕事や生活に必須のツールであるとはいえ、「高い」と感じる人も多いだろう
[画像のクリックで拡大表示]

 確かにスマホは便利なITツールだ。いつでもどこでも通話ができて、高速回線でネットにつながる。画面は大きくて見やすく、処理速度も数年前のパソコンではかなわないほどに向上している。高い料金に見合う価値はあるかもしれない。

 そうはいっても、以前には考えられないほど通信コストが上がっており、「家計への負担が大きすぎる」「もっと通信料を下げたい」というのがユーザーの本音だ。