PR

ヤフーが提供する「Yahoo!地図」アプリで、地域や特定の施設周辺の混雑具合を確認できる機能。どの地域に人が集まっているかを、地図上のヒートマップで確認できる。2015年9月24日に提供を開始した。

 混雑レーダーは、スマートフォン向けアプリ「Yahoo!地図」上で、地域の混雑度を表示する機能だ。地図上に混雑度をヒートマップで表示し、混雑具合を直感的に把握できる。ヤフーが提供する「Yahoo!防災速報」アプリで取得した位置情報を基に算出した混雑状況を表示している。

 ヤフーによると「Yahoo!検索」の検索データを分析すると、テーマパークや遊園地、大型商業施設の第2検索ワードとして「混雑」が上位に来る傾向があるという。同社ではこうした「外出先の混雑状況を知りたい」というニーズへの対応の一環として、混雑レーダーの提供を開始した。

 Yahoo!地図アプリの最新版を起動し、メニューリストにある「リアルタイム情報」から「混雑レーダー」を選ぶと、地図上に1辺が約80m程度のブロックで構成されるヒートマップが現れる。その場所の混雑具合が高まるにつれて、色が青→緑→黄→赤と段階的に変化する。早朝6時から深夜1時まで、20分間隔で混雑状況を更新している。

 アプリ上では現在の混雑状況に加えて3時間前の状況まで遡って確認できる。例えば東京近郊をズームアウトして平日通勤時間帯の混雑状況をアニメーション表示させると、早朝に近郊のベッドタウンエリアから都心部に向けて混雑度が高まる様子が可視化される。

 ユーザーが保有するスマートフォンから集めた膨大な位置情報を利用した、ビッグデータ活用の好事例といえる。なおヤフーでは、混雑レーダーで利用するデータにおいて、個人やその特性などを特定していないという。

平日の午前6時(上)と午前8時40分(右)の都心の混雑状況。出勤時間になると都心に人が集まる様子がよく分かる
平日の午前6時(上)と午前8時40分(右)の都心の混雑状況。出勤時間になると都心に人が集まる様子がよく分かる
[画像のクリックで拡大表示]