PR

 そろそろ年末の気配が漂ってきた。クリスマスは楽しそうだが、個人的には、その後に控えている大掃除がかなり憂鬱だ。ただ、最近では紙の資料をなるべく少なくしているので、昔に比べるとずいぶん掃除も楽になっている。

 ドキュメントスキャナーで読み込んで、書類をバンバン捨てるのが快感だ。とはいえ、スキャナーを持っていない方も少なくないだろう。また、本のように綴じてある書類は読み込めない。そこで今回はiPhoneを使った書類整理方法を紹介しよう。スキャナーアプリは数多くあるので、単に機能を説明するだけなく、ちょっと便利な使い方も取り上げていく。

Evernote Scannable
Evernote Scannable
[画像のクリックで拡大表示]

 利用するアプリは「Evernote Scannable」(iOS、無料)だ。また、Evernoteも利用するが、こちらも無料から利用可能なので、まだアカウントを持っていない方は作成しておくとよいだろう。複数のアカウントを作成し、書類管理用とメモで分ける手もありそうだ。個人的には検索などが面倒なのでひとまとめにしているが、無料とプレミアムを使い分けているユーザーも案外見かける。

 Evernote Scannableは、書類を撮影してスキャンし、Evernoteもしくはカメラロールに保存できる。せっかくの書類スキャンなのだから、PDF形式でEvernoteに保存して管理していきたいところだ。なお、Dropboxなどで管理したい場合のちょっとしたテクニックも最後に取り上げる。

Evernote Scannableを起動したら、保存するEvernoteのノートブックを指定する。
[画像のクリックで拡大表示]
Evernote Scannableを起動したら、保存するEvernoteのノートブックを指定する。
[画像のクリックで拡大表示]
Evernote Scannableを起動したら、保存するEvernoteのノートブックを指定する。