PR

 Amazon.co.jp(アマゾン)で新しく始まったばかりのプライム会員向けの動画サービス「プライム・ビデオ」についてのクイックレビューを前回紹介した。その際、プライム・ビデオの配信のタイミングで新しいOSを搭載したFireタブレットと、テレビに接続して使うデバイス「Fire TV」2種が発売されるというニュースにも触れた。

 そして今回、筆者が予約しておいた新しい「Fire」が届いたので、プライム・ビデオその他のアマゾンのサービスの使い心地とともにレポートしてみよう、というわけである。

価格8980円、プライム会員価格4980円の実力は?

 Fireは、8980円という思い切った価格設定で発売された。しかも、恐らく期間限定ではあるだろうが、今のところプライム会員価格が4980円になっている。会員以外でも、プライム無料体験中なら4000円のAmazonギフト券がもらえるという、おトクな価格で入手できる。

 そのせいか、現在アマゾンでカートに入れても、お届けは2~3カ月先という表示になっている。これは、人気による品不足であろう。やはり5000円札1枚で7インチタブレットが入手できる、と聞けば、誰でも魅力に感じるのではないだろうか。

図1 思い切った価格設定が話題の新しいFireの商品ページ
図1 思い切った価格設定が話題の新しいFireの商品ページ
[画像のクリックで拡大表示]