パソコンをはじめ、マウスやキーボード、ACアダプターに至るまで、低価格な製品が存在する。こうした“格安”製品はいったい何が違うのだろうか。機能や性能に差はあるのか。買っても大丈夫なのか――。
 疑問は尽きない。そこで本特集ではこうした格安製品に焦点を当ててみる。比較対象は上位モデルである。上位モデルの完成度は高く、格安モデルは欠点やアラが少なからず目に付くだろう。それは当然のこととして、重要なのは価格を含め、どちらにメリットがあるのかを考えることだ。「この程度の違いなら格安機で十分」なのか。それとも「ちょっと高くても上位モデルを選ばないと後悔する」のか。本特集で、各ジャンルの製品を比較する際のポイントを把握してもらえれば幸いだ。