PR

 パソコンの形状は、もはやデスクトップとノートだけではない。タブレットや変形する2イン1ノートが一般的になりつつあり、スティックタイプのパソコンも登場した。

 パソコンと一緒に利用する周辺機器も、一緒に持ち歩いて使いやすいコンパクトでおしゃれなデザインや、無線で簡単に接続できるタイプが増えてきた。スマートフォンから利用しやすくなっているのも最近の傾向だ。専用アプリを入れればネットワーク機器にアクセスできる。標準とMicro-USBに両対応のUSBメモリーも登場している。

テレビにつなぐだけのスティックパソコン

[画像のクリックで拡大表示]
テレビのHDMI端子につなぐだけ。コンパクトなスティックタイプのパソコンだ
テレビのHDMI端子につなぐだけ。コンパクトなスティックタイプのパソコンだ
[画像のクリックで拡大表示]
アイ・オー・データ機器
インテル Compute Stick(CSTK-32W)
実勢価格 約2万3000円
http://www.iodata.jp/

USBメモリーよりひと回り大きいサイズのスティックパソコン。どこへでも自分のパソコン環境を持って、テレビのHDMI端子につなぐだけですぐに使える。マウスやキーボードはBluetoothで接続する。

[画像のクリックで拡大表示]
マウスコンピューター
m-Stick MS-PS01F
実勢価格 約2万1000円
http://www.mouse-jp.co.jp/