PR

 パソコン春モデルの販売が始まりました。新機能がたくさん詰まった春モデルは確かに魅力的です。でも、いきなり新しいOS、Windows 10に行くのはちょっと……。どうせなら、慣れたWindows 7をもう少し使いたい。中には、そう考える人もいるでしょう。

 そこで日経パソコンでは、Windows 10への乗り換えが簡単な「Windows 7モバイルノートセット」を用意しました。本来、Windows 7からWindows 10への無料アップグレードの期間は1年間。つまり、今年の7月末にはその期限が来てしまいます。それまでにWindows 10に乗り換えておかないと、後は有料でのアップグレードが必要です。しかし、このWindows 7モバイルノートセットの場合、Windows 10からのダウングレード権を使ってWindows 7をプリインストールしているため、7月を過ぎても、Windows 10に無料で乗り換えられます。

LAVIE Direct HZ カスタムメイドモデル
LAVIE Direct HZ カスタムメイドモデル
[画像のクリックで拡大表示]
●Windows 7を標準搭載、10へいつでもアップグレード
●Windows 7を標準搭載、10へいつでもアップグレード
Windows 7をダウングレードインストール済み(左)。無料アップグレード期間が過ぎても無料でWindows 10にアップグレードできます。両方のリカバリーディスクが付属します(右)
[画像のクリックで拡大表示]

SSDを256GBに倍増!

 今回お薦めするのは、NEC製の薄型軽量モバイルノート「LAVIE Hybrid ZERO HZ550/CAB」がベースとなっています。HZ550/CABのストレージは128GBのSSD。現在のモバイル機としては標準的な仕様ですが、やはり長く使うことを考えると物足りません。そこで、今回のセットではこれを256GBに増強しました。

 LAVIE Hybrid ZERO HZ550/CABの最大の特徴は、その軽さ。13.3型液晶を搭載しつつ、779gと世界最軽量をうたいます。これだけ軽いと、持ち運んでも苦になりません。

●実測で786g!
●実測で786g!
実際に計測してみると786gと驚きの軽さ。これなら持ち歩いても苦にはなりません
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUはCore i5-5200U(2.2GHz)を搭載。最新の第6世代ではありませんが、十分な実力を持っています。メモリーは標準的な4GB。ディスプレイは13.3型で、外光による映り込みが少ないノングレアタイプ。広視野角のIGZO液晶を採用しています。タッチには非対応ですが、解像度はフルHDを上回る2560×1440ドットとなっています。ディスプレイ部は180度オープンし、好みの角度に設定できます。

●液晶は180度オープン
●液晶は180度オープン
液晶ディスプレイは180度まで開きます。好みの角度に設定できて便利です
[画像のクリックで拡大表示]

3年間のメーカー保証付き

 通常の店頭モデルの場合、メーカー保証は1年間ですが、このモデルは3年保証。何かあっても安心してご利用になれます。

●安心の3年保証
●安心の3年保証
本製品には3年のメーカー保証が付くので、安心してお使いになれます
[画像のクリックで拡大表示]

 キーボードはモバイル機らしく、キーストロークが1.2mmと浅め。でも、キーピッチは18mmと十分なスペースを確保しています。また、タッチパッドは[Fn]キーと[Space]キーを同時押しすることでオン/オフできます。さらに、[Fn]キーと左側の[Ctrl]キーはBIOS画面で入れ替える設定が可能。使い方に合わせてカスタマイズできる仕組みを備えています。

●キーボード回りも使いやすく
●キーボード回りも使いやすく
左端の[Fn]キーと[Space]キーを同時に押すとタッチパッドを無効にできます(左)。また、[Fn]キーと左の[Ctrl]キーは、BIOS画面(起動時に[F2]キーで表示)で入れ替えられます(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 搭載するインタフェースはUSB 3.0端子が2つとSDメモリーカードスロット、HDMI出力端子を装備。無線LANは最新のIEEE 802.11acにまで対応。もちろんBluetoothも搭載します。有線LAN端子はありませんが、本セットにはUSBLANの変換アダプターが付属します。また、アナログRGB端子でディスプレイやプロジェクターに接続できるよう、VGA変換アダプターも付属します。

●USB 3.0を2つ搭載
●USB 3.0を2つ搭載
インタフェースとして右側面にUSB 3.0端子が2つ、SDメモリーカードスロット、HDMI出力端子があります
[画像のクリックで拡大表示]

 付属するオフィスソフトはOffice Home & Business Premium プラスOffice 365 サービス。購入後に最新のOffice 2016へとアップグレードできます。今回は日経パソコン別冊の「すぐ使えるWindows 10 & Office活用読本」をセットにしました。日経パソコンの厳選記事がWebでも読めるサービス「日経パソコンEdu」の4年分利用権(2万4000円相当)が付属します。

[画像のクリックで拡大表示]

 価格は18万5000円。店頭にはない256GBのSSD搭載モデルです。2月4日から3月4日までの限定で、ご注文は日経BP社のWebページと電話で受け付けています。

日経パソコンの厳選記事がWebで読める冊子をセット

冊子「すぐ使えるWindows 10 & Office 活用読本」をセットでお届けします。Windows 10の操作から最新のオフィスソフトであるOffice 2016の使い方まで、基礎から学べる記事が満載です。本誌で厳選した記事を読めるクラウド型サービス「日経パソコンEdu」の4年分利用権(2万4000円相当)も付属します。


販売期間:3月4日まで
価格:18万5000円(税抜、送料は日経BP社が負担)
購入申し込み:
 インターネット http://pc.nikkeibp.co.jp/pc/npcs/npc_1602n/index.html
 電話 03-5696-1111(月~金、9:00~17:00)