PR
(1)代表的なライセンスの価格。価格はダウンロード版で、ESETは希望小売価格、ほかはメーカー直販サイトの販売価格を示す。キャンペーンなどで変更される可能性もある
(2)その他のライセンス体系

[トレンドマイクロ]5人に1人がサポート付きバージョンを購入

[画像のクリックで拡大表示]

 「ウイルスバスター クラウド」はWindowsとMacにインストール可能で、3台まで使える。注力点は、初心者にとっての分かりやすさ。「画面上のボタンを押すだけで、ウイルススキャン、脆弱性スキャン、パソコンの遅さを解消するためのチューニングなどを実行します」(コンシューママーケティング部 プロダクトマーケティング課の石橋達司課長)。

 サポート面では、「保険&デジタルライフサポート」付きのパッケージが注目だ(図7)。デジタルライフサポートは、年中無休で9時から24時まで営業。サポート範囲は定められているが、ウイルスバスター以外もサポート対象になる。パソコンやスマートフォンから、主要アプリケーション、さらにはデジカメやプリンターまでと幅広い。価格は通常版より割高だが、およそ5人に1人の割合で保険&デジタルライフサポート付きを購入しているという。

図7 「デジタルライフサポート」の説明ページ。さまざまなアプリケーションやプリンターなどの周辺機器までサポートの対象になっている
図7 「デジタルライフサポート」の説明ページ。さまざまなアプリケーションやプリンターなどの周辺機器までサポートの対象になっている
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い