仮想デスクトップ

[画像のクリックで拡大表示]

 複数のデスクトップを使い分けることができる「仮想デスクトップ」は、Windows 10の新機能。仕事用のアプリと通信用のアプリを別のデスクトップで起動しておけば、ウインドウが重なることもなく、すっきりしたデスクトップで作業が進む。

 仮想デスクトップの追加・削除・切り替えは、タスクバーの「タスクビュー」で行う。デスクトップの追加は、タスクビュー右側に表示される「+新しいデスクトップ」を選ぶ。ただし、仮想デスクトップはタブレットモードでは利用できない。

Q. 仮想デスクトップを簡単に切り替えたい

A. タスクバーから選べるようにできる

 通常、タスクバーには使用中のデスクトップで開いているアプリしか表示されないため、ほかのデスクトップのウインドウに切り替えるのは面倒だ。設定を変更して、ほかのデスクトップで使用中のアプリも全てタスクバーに表示させれば、簡単に切り替えられる。

設定画面で「システム」を選択。「マルチタスク」で「仮想デスクトップ」の2項目を「すべてのデスクトップ」に設定する
設定画面で「システム」を選択。「マルチタスク」で「仮想デスクトップ」の2項目を「すべてのデスクトップ」に設定する
[画像のクリックで拡大表示]