エクスプローラー

 Windows 95で登場したファイル管理ソフト「エクスプローラー」は、Windows 10になっても健在だ。ただし、Windows 8以降は、Officeソフトと同様、メニューがリボン形式になっている。

 また、Windows 10ではエクスプローラー起動時に、よく使うフォルダーなどを集めた「クイックアクセス」が開く設定になっている。そんなエクスプローラーを使いやすくするポイントを紹介しよう。

Q. リボンをいつも表示しておきたい

A.タブをダブルクリックすれば固定できる

 エクスプローラーの機能を選ぶためのリボンは、通常、タブのみの表示になっている。タブをクリックすればリボンは表示できるが、固定するならタブをダブルクリック。再度ダブルクリックすれば、タブのみの表示に戻せる。

エクスプローラーのタブをダブルクリックすれば、リボンが固定される。再度ダブルクリックで解除できる
エクスプローラーのタブをダブルクリックすれば、リボンが固定される。再度ダブルクリックで解除できる
[画像のクリックで拡大表示]

Q. 「共有」機能ってどう使う?

A.写真などをメールやSNSで送れます

 「共有」タブにはほかの人にファイルを送るための機能が集まっている。左端の「共有」ボタンは、パソコンにインストールされたTwitterなどのアプリを起動し、選んだファイルをSNSに投稿する機能だ。

「共有」タブの「共有」ボタンを選ぶと、パソコンにインストールされたファイル共有アプリで発信できる
「共有」タブの「共有」ボタンを選ぶと、パソコンにインストールされたファイル共有アプリで発信できる
[画像のクリックで拡大表示]

Q. ファイルの場所をメモしたい

A.テキストに簡単にコピーできる

 ファイルの保存場所を簡単にメモするなら、「パスのコピー」機能を使おう。パスとはファイルの保存場所を示す文字列で、「C:\Doc\ABC.doc」なら「CドライブのDocフォルダーにあるABC.doc」という意味だ。

ファイルを選び、「ホーム」タブの「パスのコピー」を選択
ファイルを選び、「ホーム」タブの「パスのコピー」を選択
[画像のクリックで拡大表示]

Q. よく使うフォルダーはすぐ開けるようにしたい

A.クイックアクセスに登録しよう

 よく使うフォルダーやディスクは、エクスプローラーの起動時に表示される「クイックアクセス」に登録するのが一番だ。クイックアクセスはエクスプローラーの画面左上にいつも表示されるので選びやすい。

よく使うフォルダーを右クリックし(1)、「クイックアクセスにピン留め」を選ぶ(2)
よく使うフォルダーを右クリックし(1)、「クイックアクセスにピン留め」を選ぶ(2)
[画像のクリックで拡大表示]