PR

 iPhoneでやり取りした「LINE(ライン)」の会話が第三者に盗み読みされた……。一時期、そんな話題がネットをにぎわせた。本来、LINEはスマホでは1台しか利用できない。ではなぜ、LINEの会話が流出したのか。

 考えられるのが「クローンiPhone」の存在だ。これはデータが丸ごとコピーされたiPhoneで、設定やアカウント、パスワードまで丸ごとコピーされたものをいう。

 編集部で試してみたところ、確かにLINEが2台のiPhoneから利用できてしまった(図1)。相手とメッセージを交換すると、クローンにもその内容が即座に届く。友だちリストも同期するので厄介だ。LINEの通話も同様で、相手からかかってきた場合、両方の端末に着信する。元のiPhoneで通話に応じると、クローンで会話は聞けないが通話履歴は残る。

図1 クローンiPhoneとはアプリはもちろん、登録したパスワードまで丸ごと複製されてしまったiPhone端末のこと。編集部で作成してみたところ、通常1つの端末でしかログインできないLINEに、2台のiPhoneからアクセスできてしまった。相手とやり取りした内容(トーク履歴)は、クローンiPhoneにも届く
図1 クローンiPhoneとはアプリはもちろん、登録したパスワードまで丸ごと複製されてしまったiPhone端末のこと。編集部で作成してみたところ、通常1つの端末でしかログインできないLINEに、2台のiPhoneからアクセスできてしまった。相手とやり取りした内容(トーク履歴)は、クローンiPhoneにも届く
[画像のクリックで拡大表示]