日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2013年3月号

パナソニックが御成門のビル2棟売却、三菱地所、野村不が賃貸ビル建設へ

特集

[限] 2012年の売買事例分析 景気に先立ち不動産市場回復へ、REITが主役の1年

2012年の不動産投資の主役はREITだった。4年半ぶりの新規上場に相次ぐ公募増資と、市場から資金を得て投資を拡大する好循環を展開した。私募REITも増えつつあり、さらなる取引活発化への期待を抱かせた。調整が進んだ不動産価格を背景に、東京圏のみならず、地方でも大型の物件が動き出している。[PDF]



[限] 2012年の賃料・企業移転分析 自社ビルからの移転が大幅増、賃料下落が進むもAクラスは反転

東京都心部の賃貸オフィス市場は2012年、大型ビルの竣工ラッシュを迎えた。大量供給に伴い空室率は上昇し、賃料水準も下落した。その一方で、耐震性能や防災面に優れたビルへの企業の移転は活発化し、年後半には需要回復の兆しが見え始めた。競争力の高い一部の大型ビルでは秋以降、賃料が底打ちしたもようだ。[PDF]

売買レポート

  • パナソニックが御成門のビル2棟売却、三菱地所、野村不が賃貸ビル建設へ
  • ドイツ銀行のRREEFが梅田の築浅ビルを取得
  • 約650億円でオフィスビル4棟、日本ビルファンドが取得
  • 神保町のビルを取得、三菱地所レジデンスが11億円で
  • 赤坂のパチンコ店跡地、三井不動産が開発へ
  • 4物件を約240億円でジャパンエクセレントが取得
  • 国内第2位の高さ256m、香港企業が約30億円で取得
  • 三井倉庫が自社入居の複合ビルを取得、三井不動産などから141億円で
  • シンガポールREITが3棟を売却、エクイティ47億円を全損
  • 東急不動産のREITが英Avivaから大型ビルを取得
  • 常和不動産が165億円で取得、自社保有地に立つ大型オフィスビル
  • 独iii-investmentsが投資、六本木ヒルズそばの賃貸住宅
  • ヒューリックが保有物件を入れ替え、一部はREIT組成に向けて自社SPCへ
  • 西松建設が推定30億円台半ばで東京建物のSPCから取得
  • 道頓堀の好立地ビルをメットライフアリコが取得
  • 第一生命が4物件を70億円で、都心中小物件にシフト
  • 東天紅がレストランとホールを東京建物に売却へ
  • 池袋の新築店舗を204億円でフロンティアREITが取得
  • 高輪と新宿の日石ビルを売却
  • 日本プロロジスリート投資法人が上場 ほか

売買事例一覧 147件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

オフィス市況トレンド

企業移転ニュース 2月完成のワテラスにDICなどが入居、ネットワン、ドワンゴが本社移転

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • マスミューチュアル系AM、東京を拠点にアジア開拓へ
  • セガサミーが韓国で330億円を投資、カジノ複合リゾートのノウハウ蓄積 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)