日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2013年6月号

日本の不動産に投資するREITがシンガポールで上場

特集

[限] これからできる大規模オフィスビル 104棟、809万m2が進行中、渋谷や浜松町で大型計画が浮上

東京23区内で2013年以降に完成する延べ床面積1万m2以上の大規模オフィスビルは104棟、総延べ床面積は809万m2に達することが、本誌の調査でわかった。今回の調査で新たに加わった計画は42棟と、昨年調査の14棟から急増。渋谷駅や浜松町駅周辺などで長期にわたる大型プロジェクトが次々と浮上した。ここ数年、やや様子見状態だった開発が大きく動き始めたようだ。[PDF]



マップ(印刷可)はこちら

2012年以降の137プロジェクト一覧(印刷不可)はこちら

トピックス

[限] 耐震・環境性能の向上策 国費350億円を呼び水に開発支援、官民ファンドの可能性

資金調達がネックとなって改修や開発が進まない不動産事業を支援する制度がスタートする。政府の緊急経済対策として、国土交通省と環境省が350億円を拠出。ファンドマネジャーを公募して、複数の「耐震・環境ファンド」を設立する。公募は7月上旬から。民間資金を合わせた総投資額は推定で1200億円から1300億円程度になるとみられる。[PDF]

売買事例分析

1月~3月の動向 取引総額は倍増ペース、金融危機後で最高の水準に

売買レポート

  • 日本の不動産に投資するREITがシンガポールで上場
  • 米グリーンオークが都内オフィス3棟を取得
  • 森トラスト総合リートがH&M店舗を320億円で取得
  • パシフィコ横浜の隣地1万m2を東急不動産が約87億円で落札
  • 野村不動産がパナソニックのビルを賃貸オフィスに建て替え
  • 大阪USJ前の商業施設を住友商事が売却
  • 池袋のオフィスビルがレーサムからゴールドマンへ
  • 京橋のビルを昭和地所からレガロキャピタルが取得
  • 日本ロジスティクスファンドが福岡の物流センターを取得
  • ザイマックスとスプリングが三鷹の商業施設を取得
  • ケネディクス不動産が四谷ビルを24億円で売却
  • 新橋の複合ビルが独デカからアクティビアへ
  • 四谷のオフィスビルを取得、トーセイがかんぽ生命から
  • エスタックスが店舗区画を取得、収益物件投資を強化へ ほか

売買事例一覧 119件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

オフィス市況トレンド

企業移転ニュース 丸の内永楽ビルに大手コンサル、グランフロント大阪が内定2割で開業

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • シンガポール企業が老人ホーム投資、新生銀行とドイツ銀行から融資
  • 不動産売買市場の需給ギャップは1兆8000億円、都市未来総研 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)