日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)

[最新号目次]

2014年7月号

三井住友ファイナンスが450億円で3割を取得

特集

[限] 大阪の不動産投資市場 ファンドが競う投資機会、バーゲンハントは早くも終幕

まるで空中戦だ──。これまで売買の主役だった地場企業をよそに、現地オフィスを持たない外資系ファンドやREIT(不動産投資信託)が高値入札を繰り広げる様子を、大阪の不動産関係者はこう表現する。グランフロント竣工に伴う供給過剰感を残しつつもマーケット指標の改善が進み、投資家はかつての強気な姿勢を取り戻しつつある。[PDF]

オフィス市況トレンド

[限] アナリスト予測 最高レベルの景況感を維持、1年後以降は息切れへの不安も

本誌がシンクタンク、証券会社、仲介・アドバイザリーの3業種を対象に実施しているオフィスビル賃貸市況予測アンケート。今回は、企業業績の改善を背景としたオフィス需要の高まりを受け、2014年12月までの半年の間に、稼働率、成約賃料ともに上昇すると予測する回答が目立った。[PDF]

企業移転ニュース 複合機販社が浜松町で3000坪、新宿イーストサイドに東急ハンズ

売買レポート

  • 三井住友ファイナンスが450億円で3割を取得
  • インベスコが130億円で売却、ドルチェ&ガッバーナ入居ビル
  • テレビ朝日が神宮前のビルを売却、推定88億円で
  • 日生が大型物流施設へ初投資、ラサールから取得
  • アディダス入居ビルをサーベラスが売却
  • 東急電鉄と東急建設が取得、西五反田のオフィスビル
  • 大型商業施設をラサールが取得、200億円超との評価も
  • セキュアードから麹町のビルを経営コンサル会社が取得
  • 神保町のオフィスビル、三井不動産から東西土地建物へ
  • 三井不動産がいちごREITから新橋のオフィスビルを取得
  • 銀座の複合ビルを取得、イー・アクセス代表の会社
  • ミナミのホテルを89億円でシンガポールREITが取得
  • 旧新宿マルイワン入居ビル、ブラザー工業が売却
  • シンプレクスがJTから渋谷のオフィスビルを取得
  • 麹町で存在感増す住友不動産、新宿通り沿いのビルを取得
  • 神保町のオフィスビルがゴールドマンからS.O.W.へ
  • 海外REITのデフォルト物件、フォートレスと京阪が取得
  • NTTデータ子会社が取得、本社ビルとして32億円で ほか

売買事例一覧 142件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営、注目レポート

  • 丸の内オフィス賃料、三菱地所が10%〜20%増額へ
  • 森ビルの虎ノ門ヒルズ完成、エリアに1兆円の開発投資 ほか

ページの先頭へ

日経不動産マーケット情報トップ日経不動産マーケット情報・目次 > 記事(前のページ)